手紙

【手紙】封筒の書き方と手紙の折り方を画像で徹底説明

手紙を書いたは良いけど、封筒はどう書くの?手紙ってどう折れば良いのか。3つ折り?4つ折り?など迷いますよね。

ここでは封筒の書き方と、手紙の折り方をご画像で解説していきます。

スポンサーリンク

封筒の書き方

宛名を真ん中に大きく書きます。「様」は気持ち離して大きめに書くとバランスが良く見えます。

相手の奥様の名前も書くときは、宛名の左に名前を揃えて書きます。

住所を書くときは上の郵便番号7桁の右から2番めあたりを目安に書いていきます。端に寄りすぎないよう注意します。住所から名前まで、上の並びが左斜め下になるよう書くとスッキリして見えます。

裏書き、差出人の書き方です。

封筒の左下あたりに書きます。

こちらは住所と名前の下の並びが左斜め下になるよう書くとスッキリして見えます。

郵便番号7桁を書く欄が印刷されていない封筒の場合は、住所の右横に漢数字で縦に書くか、住所と差出人を書いた下に、算用数字で書きます。(これは両方書いていますがどちらかにして下さい)

結婚されている方なら、お中元やお歳暮など夫に対する厚意に対して、夫に代わってお礼状を書く機会もあるかと思います。

その際には、手紙の差出人として夫の名前をフルネームで書きます。そして、本人に代わり妻が書いたことを知らせるために「内」という文字を書きます。

「内」とはその家の内にいる人間、すなわち妻という意味です。縦書きの手紙なら夫の名前の左脇に、横書きならば後ろに書きます。

その際、あまり大きな字で書かずに、夫の名前より少し小さめの字で書き添えます。

スポンサーリンク

夫の上司など、面識のない人または目上の人に出す場合は「内」の後には何も書きません。妻の名前まで書くと気安い印象になるからです。

面識のある人、または親しい間柄の人、知人や友人など、夫婦ともに顔を知っている相手であれば「内」の後に妻の名前を書きます。

例:田中一郎 
    内 和子

手紙の折り方

封筒にゆっくり入るように折ります。3つ折ではパツパツになることが多いです。4つ折りが余裕があり入れやすい・出しやすいようです。

三つ折り

①下からだいたい3分の一を目安に、3分の1よりも少し短めに折ります。これは3分の1きっかりだとまだ良いですが、思いがけず上の長さが足りなくなったりすることがあるからです。折り直せば良いのですが、折り跡がついて不格好なので少し短めに折ると失敗しません。

②折ったところと上の端を合わせて折る

※ピンクの◯が「拝啓」のところです。

四つ折りの場合

①下から半分に折る

②折ったところと上の端を合わせて折る

※ピンクの◯が「拝啓」のところです。

手紙を封筒に入れる

封筒に入れるときは、「拝啓」のところが上に来るように入れます。

封筒に便箋を入れたら、糊付けをします。このときセロテープなどは使わず、のりでとめます。封筒に両面テープがあるものや、薄くのりがひかれていて、水をつけるだけでとじれるものもあります。

とじた真ん中に「〆」もしくは「封」と書き、切手を貼っておしまいです。

まとめ

最後までお読みくださりありがとうございました。ご参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。