手紙

【手紙】相手が喪中の場合のお歳暮、贈るときのマナーと添え書き文例画像あり

喪中の家にお歳暮を送ることはマナー違反になるのか、悩みますね。

お歳暮は、この一年お世話になったことの感謝の気持ちを贈るものですので、贈るのはマナー違反ではありません。例年通り贈りましょう。

ここでは相手が喪中のときのマナーと、品物に添える文例をお伝えします。

スポンサーリンク

忌明けが過ぎていない場合

お歳暮を贈る期間は12月はじめ~12月20日頃までですが、お相手の四十九日が過ぎていないようでしたら、過ぎるまで待って贈ります。

少し幅をもたせていますが、10月10日~の間にお亡くなりになった場合から、注意が必要になります。

例えば10月15日にお亡くなりになった…12月5日以降20日までに出す、といった感じです。10月25日から後にお亡くなりになった場合には、お歳暮を贈る期間(12月はじめ~12月20日)は外したほうが無難です。

その場合には時期をずらして「寒中見舞い」として出します。

寒中見舞いは、年が明けて松の内(1月7日、地域によっては1月15日)が過ぎてから、立春(2月4日)までに贈るのが一般的です。

品物を百貨店やお店で購入するときに、先方が喪中であることを伝え、紅白の蝶結びの水引は使わずに、無地の短冊に「寒中見舞」と表書きを書いてもらって贈ります。

忌明けが過ぎている場合

忌明けが過ぎている(10月10日以前にお亡くなりになった)場合は、通常通りのお歳暮で構いません。ただこちらも弔意を含めて、贈り物に使う紅白の蝶結びの水引は避けます。無地の短冊に「お歳暮」と書けば、こちらの気持ちを伝えることが出来ます。

添え書きの書き方

品物をご自分が持って、相手のお宅へ伺うのであれば、封書で手紙を添えます。

もしもデパートなどから直接発送するのであれば、その品物が届く2~3日前に、「贈りました」のお知らせを、別便で送るようにしましょう。

スポンサーリンク

これは、お歳暮といった慣例行事ではあるのですが、送り主から一言の挨拶もなくいきなり送りつけるのは、非常に失礼に当たります。こちらの感謝の気持ちを品物に託して贈るのですから、ひとこと書いて知らせてから送りましょう。

注意すること

喪中の相手でも、通常の送り状と変わりはありません。ですがお身内を亡くされた方への配慮として、「家族」の描写は避けましょう。

×皆様におかれましては~

×ご家族の皆様はお変わりありませんか。

例文

1枚め

2枚め

拝啓
師走もはや半ば、何かとお忙しいことと存じます。
山田様には日頃からいろいろとお引き立てを頂きまして、深く感謝しております。つきましては暮れのごあいさつのおしるしまでに心ばかりの品を別便にてお送りいたしました。お納め頂ければ幸いでございます。
来年も変わらぬお付き合いのほど、よろしくお願い申し上げます。
年末年始、おだやかに過ごされますように、またお風邪など引かれませんようご自愛下さいませ。
かしこ
平成三十年十二月十二日
田中一郎 内
山田太郎様

身内の方が亡くなっても、添え状や送り状などはいつもと変わらない文章で簡潔に書きましょう。

まとめ

最後までお読みくださりありがとうございました。喪中の方へお歳暮を贈るときの送り状の書き方のご参考になれば嬉しいです。

封筒の宛名・差出人の書き方、手紙の折り方を画像で説明はこちら

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。