生活

いらなくなった洋服の処分、思い出のある服や譲る・捨てる方法は?

いらなくなった洋服を処分したい。でも、ブランド物もないし、着られないわけではない。お金にならなくても良い、ただ捨てるのはもったいない…。

そんなときの手っ取り早い処分の方法をご提案していきます。

スポンサーリンク

フリマやメルカリはなんか嫌、という場合

フリーマーケットは顔を合わすのが嫌。メルカリはなんかトラブルも多いって聞くし、という方は多いと思います。私もそうです。そんなときはインターネットの掲示板を活用するのはどうでしょうか。

「譲ります|中古あげます・譲ります|ジモティー」というのがあります。

ジモティー

お住まいの地域で出品してみてはいかがですか?

またこういったインターネットでのものですと、mixiの「あげますコミュニティ」(不要な品物をあげますコミュニティ)で希望者を募ることも出来ます。

ゴミにすることもなく、欲しいという方の手に渡すことができます。海外や施設などへの寄付にこだわらないなら、このようなコミュニティや、譲る相手を探す掲示板などを利用するのはいかがでしょうか。

洋服の処分方法でオークション・リサイクルショップ・宅配買取の比較 もどうぞ

ただ捨てるのはもったいない、という場合

資源ごみとして出す

意外と知られていませんが、自治体の資源ごみの日の「衣類」は、海外で着てもらえたり、ウエスにしてもらえたり有効に使われています。

例えばですが、東京都文京区では

衣類を区内14箇所の公共施設で資源として回収し、中古衣類としてリユース(再使用)したり、工業用ぞうきんとしてリサイクル(再生利用)しています。「捨てるにはもったいない」「愛着があって可燃ごみには捨てにくい」などの理由でたんすの中に眠っている衣類はありませんか? たんすの中の衣類の整理を兼ねて資源の有効利用にご協力をお願いします。

文京区HP より引用

とホームページに書かれています。

お住まいの自治体によっては違いますので、お調べになって処分されると良いでしょう。

私もこのことを知ったとき、「捨てるのは惜しいけどもしかしたら誰か使ってくれるかも」と思うと捨てづらかった服も処分しやすくなりました。

お住まいの地域の市区町村HPや広報などに回収した後の活用法や出し方が載っていると思いますので調べてみてください。

また、この場合は破れているものや汚れているものは対象外のことが多いです。大体のところは破れや汚れのものは普通ごみとして出すことが多いですので、そこも見て下さいね。

スポンサーリンク

自分でリサイクルする

もったいないと思われるのでしたら、生地をほどいて雑巾を作ってご自宅でお使いになることをお勧めします。またTシャツのような水分を良く吸う素材は大変便利なのでぜひお試し下さい。私もやっています。また、お住いの地域の汚れても良い作業の時に着る服として数点キープしておくことも良いですね。

思い出のあるものの場合

思い入れがとても強いなら、デジカメや携帯などで撮影しデータとして保存、服は処分するという方法もあります。

またデータとして保存した後、糸をほどいてハギレにして取っておくのも良いですね。もし裁縫が得意でしたら、パッチワークやクッションなどのカバーにしてもよいのではないでしょうか。

異国や被災した人たちに送りたい、という場合

私も以前親戚が洋服の工場を閉めるということで、大量の洋服を頂いたことがあり、友人知人に配った後処分に困り、外国の困っているところに送ろうと思い調べたことがあったのですが、送料がかかるので送料の一部もしくは全額負担、新品が条件、というところが多かったです。

特に女性ものは国によってはズボンをはかない所もありますし、ヒラヒラした露出の多い服は犯罪を助長させるという理由で受け取ってくれないなど制約や条件の付くところが多いです。

寄付というのは「いらないもの」を「捨てるにはもったいないから」という理由でしてはいけないんだな、と思わされました。
オークションに出せばいくらかになる、または新品同様のものを、どうぞ使って役立ててください、という気持ちでしないといけないんだな、と。

ボランティアの方に聞きましたが、送られてきた洋服はシミがついていたり、穴があいていたり、そういう服を選り分けるだけでも大変だそうで、正直、捨てにきたんじゃないか?と思うくらいのものが多いようです。

「企業から売れなくなった在庫品の新品を寄付された方がよっぽと嬉しいですね。日本の養護施設、託児所に時々ですが子供のお古が送られてきましたが、悲しい事この上ないです。日本という豊かな国で、どうして新品を買って寄付してくれないのだろう」とおっしゃっていました。

また、「彼らも尊厳されるべき、同じ人間です。いらないもの、がもったいなく感じるのであれば、何かに作り直したりしてはいかがですか?もしくはオークションで売れたお金を寄付するのがいいと思います。」とのこと。

恵まれない方達に対しての気持ちというよりは、いらない服の処分の方法の一つとして寄付を申し出るのなら、しないほうが良いようです。

まとめ

最後までお読みくださりありがとうございました。ご自分に合った処分方法はありましたでしょうか。いらないものは処分して、スッキリと生活しましょうね。

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。