生活

衣替えで収納時にするニオイ対策でタンス掃除と服の保管の注意点は?

もう衣替えの季節ですね。

出した洋服がカビの臭いがすることがよくあります。私の場合は毎回です。

衣替えの際にどうすればこのニオイが防げるのでしょうか。

ここではカビの臭いを防ぐのに収納するときに気をつけることをお伝えします。

スポンサーリンク

収納場所の湿気を取る

カビ臭いということは、目に見えない程度にしても、僅かながらカビ菌が付いて増殖しているということです。

カビは湿気の多い場所で繁殖しますが、防虫剤は虫食い被害を予防できても、カビの予防効果はほとんどありませんから、収納場所の通気をよくして、湿気がこもらないようにすることが、カビ予防には何よりも大切です。

タンスの中を全部出してタンス等の木材ににいわゆる薬局でよく見るカビ取り剤を使うと痛む可能性があります。ブリーチやキッチンハイターなど、塩素系の漂白剤も多くのもので色落ちしたり変色するので、使わない方が無難です。

基本的には、ボロ衣をたくさん用意してこまめに替えながら、中性洗剤をつけてカビをふき取り、アルコールで消毒します。このときのアルコールは手指を消毒するもので充分です。

和箪笥の奥にカビがある場合はヤスリで削っても削れません。きれいになったとしても、すぐ同じところに生えてきます。このときは専門業者に依頼して、根こそぎきちんととってもらうことも選択肢に入れたほうが良いようです。

そしてクロゼット用の湿気取りなどで湿気対策を取ります。防虫剤と一緒に除湿剤も収納するところに入れましょう。

衣替えの後、普段気をつけることとしては

・窓開け換気をこまめに行ない、部屋そのものの除湿対策を講じる
・箪笥のある部屋で加湿器をできるだけ使用しない
・箪笥のある部屋で洗濯物の部屋干しをしない
・主に冬場、窓に結露した場合は、こまめに拭き取る
・ずっとしまいっぱなしでなく、季節ごとに1,2度程度でよいので、晴れて空気が乾いた日に虫干し(箪笥の扉を全開したり、引き出しを丸ごと抜いたりして、数時間風通し)を行う

などがあげられます。

それと収納する箪笥は、プラスチック製のものは木製の箪笥に比べて湿気は含みにくいですが、風は全く通らないということを知っておきましょう。ちょっとすかしておくとか、掃除のときは全開にしておくとか決めておくと良いですね。

収納するときの注意

日頃の洗濯できれいに洗えているように見えて、実は繊維の奥にしみこんだ皮脂汚れが残っていたり、すすぎ不足で洗剤残留率が高かったりすると、保管中にそれらが酸化して、長期収納後に悪臭を放つことがあります。

衣替えで臭いが出やすいと思われるものは、普段は冷水で洗濯しても良いですが、少なくともシーズンオフで長期収納に入る直前の洗濯くらいは、お風呂の温度くらいのお湯を使って洗濯(洗いとすすぎ1回目まで)し、普段よりもすすぎを入念に行うようにしましょう。

ドライクリーニングだけでは汗汚れは落ちませんので、コットンパンツなど汗をかいたものはドライだけでなく、水洗いした方がいいです(でないと見えない汗じみが徐々に黄ばんで、やがて落ちないシミになります)。

そして洗った後で充分に乾燥させてから収納する必要があります。特に、クリーニングから戻った衣類を風通しせず収納するのは良くありません。クリーニングのビニール袋をすべて外して、湿気の少ない風通しのよい場所で、色あせを防ぐために陰干しをして保管しましょう。

スポンサーリンク

クリーニング屋をしている友人にその理由を聞いてみました。

ビニール包装がされたまま収納すると袋の中に湿気が溜り、カビや黄ばみの発生や型崩れが起こる可能性があるそうです。

それと、ビニール包装には透明度などを保つために、酸化防止剤が使われています。この酸化防止剤が揮発し、衣類を黄色く変色させてしまう事があるそうなので、ビニール包装はクリーニングから持ち帰った日に外したほうが良いとのことです。

クローゼットがあれば吊るして保管します。たまにはクローゼットを開けて風にあててください。

私の家のように湿気の多い家屋では、長期保管時には密封式の圧縮袋等を使うのも有効です。100均で入手できます。

洗濯しよく乾かした後圧縮袋に入れ、除湿剤と防虫剤を入れた状態で密閉してから収納ボックスや箪笥等に入れるんです。私はダイソーで買うのですが、このとき「掃除機いらず」のものはだめです。スライダー式バルブ付きのものが絶対オススメ!です。

↑これはスライダー式でバルブなし

↑これはスライダー式でバルブ付き。ただしこの日は衣類用がなく布団用のみでした。けど取り寄せ出来るそうです。

掃除機いらずのものは、衣類を入れて空気を出すのにくるくるっと巻いて空気を出すので、服がシワになりやすいんです。このスライダー式バブル付きのものは、洋服をきちんと畳んでから入れるときれいに圧縮されてくれますよ。

サマーウールなど、ウールは特に虫食いしやすいので、他のもの(シルク等)と分けて収納します。ウール、シルクは特に防湿に注意して下さいね。まめに引出しを開けて換気するか、除湿剤を引出しに入れるのが簡単です。

防虫剤は、一般的に空気より重く上→下へおりていくタイプが多いと思いますので、注意事項をよく読んでから、効果的な位置に入れることが大切です。

それからよくタンスの引出し底に紙を敷く方がいらっしゃいます。タンス素材のヤニなどが洋服に移るのを防ぎ、ケバなどを予防するためと思われますが、洋紙は湿気をため込んでしまうので、そういう意味ではあまり良くありません。何か敷く場合には、今は除湿剤がシート状になったものなどありますから、そういったものを検討なさるとよいのではないでしょうか。

まとめ

最後までお読みくださりありがとうございました。お部屋の換気や、タンスに詰め込まないとか要らない物を捨てるなど、少し暮らし方を変えることも必要かもしれません。

洋服の処分、思い出のある服や譲る捨てる方法はこちら
洋服の処分、売るにはオークション?メルカリ?流れと他の方法はこちら

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。