イベント

結婚してはじめてのお盆とお墓参り、基本の作法と手順を知っておこう

お盆は、正式には盂蘭盆会(うらぼんえ)といいます。ご先祖や故人の霊が一年に一度、家に帰ってくると言われています。

東京や関東圏の一部地域では7月13日から7月16日、その他の地方では8月13日から16日に行われます。(8月のお盆のことを旧盆とか月遅れのお盆と言います。)

お墓参りにはご先祖様の供養という意味ももちろんありますが、残された、今生きている人の為であるとも言えます。墓石を祈りの象徴とし、亡き人をしみじみと思ったり、自分がご先祖様から連綿と受け継がれる命ということを認識し感謝する機会です。普段は意識しないその事を、お墓参りの度に認識でき、それが子供の頃からの慣習となることで長い間積もり積もって、自分の心に根付いていきます。

そういった意味を踏まえて、義実家とのこれからのお付き合いも含めて良いものにするために、基本的なことは知っておきましょう。

こういう行事はそのやり方も、地域によって、宗派によって、家によって違いますので、ここでは一般的なものをお伝えしていきます。

お墓参りの手順

お寺の墓地の場合は、本堂のご本尊にお参りをして、ご住職に挨拶をします。(山の墓地の場合は本堂がありませんのでそのまま墓地へ行きます)

お寺や霊園では、柄杓と手桶を貸してくれるところが多いです。山などの墓地の場合はほぼ水道のみですので、バケツとペットボトルを用意していきます。

お墓に向かう前に手を水で洗い清めます。ここで、借りた手桶に水を汲むか、山の墓地の場合は用意したバケツとペットボトルに水を汲みお墓に向かいます。

お墓に「〇〇の家族が来ました」と声をかけたり、合掌してから掃除をします。

掃除の仕方はこちら。

供えるもの

香…線香のこと。その香りによって心と体が清められます。

花…清らかで美しい花。菊花。お参りをする人間に向けて飾り、癒やしの意味を持ちます。
またシキミやサカキを飾ります。ちなみに仏式はシキミ、神式はサカキを飾ります。

浄水…清らかなお水。お参りをする人の心が洗われることを意味します。

飲食(おんじき)…自分たちが食べているものと同じものをお供えします。

掃除が終わったら、水を入れた花立てにシキミと仏花(菊など)をそれぞれ入れます。私の家の場合は花立てが4本あるので、シキミを2本に、仏花を2本に入れています。お供え用のお菓子や飲み物は、半紙を敷いたものの上に置きます。季節の果物や、故人の好物を供えたりもします。

スポンサーリンク

そして、線香を点火して、香炉の場合は立てるか、線香皿の場合は横に寝かせます。線香は2つに折って火を付けたり、本数も決まっていたりと、家や宗派によって違います。線香の火は口で吹き消すのではなく、手であおいで消します。人間の口というものは、災いの元となったり、けがれやすいものなので、仏に供える火を消すには向いていないためです。地域によっては灯燭(とうしょく)のロウソクを立てるところもあります。

それからお墓に向かって礼をし、合掌して故人やご先祖様の冥福を祈るとともに感謝の気持ちや報告したいことなどを心の内で語りかけます。私の家では全員が墓の前に並び、一斉にしますが、故人に縁の深い方から一人ずつされるところもあります。

合掌の仕方としては手に数珠をかけ、胸の前で左右の手のひらをぴったり合わせ、軽く目を閉じて頭を30度ほど傾けます。
全員の合掌が済んだらお墓参りの手順としては一通り終わりです。

花、線香以外のお供え物は、カラスなどに食い散らかされないよう必ず持ち帰ります。線香は必ず消えたのを確認します。

服装はカジュアルなもので良いのですが、勝手がわからないのであれば、地味な色の動きやすい服が良いでしょう。ヒールは避けて、運動靴か動けるものにします。(これはご主人に要確認。普段の義母、姉妹などの服装を聞いてそれに合わせます)

もう一つの一般的な手順

千葉や北海道、九州など地域や宗派によって、また別の「一般的」と言われる、よく聞くやり方もあります。

お盆の13日にお墓参りをし、そこでろうそくに火を灯して提灯に入れて火を消さないようにして家まで持って帰ります。そして家に着いたら提灯のろうそくを仏壇のろうそくに移します。(お墓から離れてから消えてしまったら、その場で火を灯し直す)それを「迎え火」としてご先祖の霊を迎え、16日には再び火を焚いて「送り火」として送り出し、逆ルートでお墓まで送ります。

まとめ

最後までお読みくださりありがとうございました。

お墓参りは儀式ではありますが、亡くなった人のご冥福をお祈りしたり、近況報告や、新しい家族の紹介など、近しいものとして行いましょう。

形は変わるかもしれませんが、あなたのお子様やお孫様にも受け継がれる日本の文化です。小さい頃は意味などわかりませんが、「おとうさんのおじいちゃんが眠っているよ」などと説明してあげて、自分の命は皆からもらったものだということを理解させ、大切にするよう教える良い機会でもあります。

ご主人の家のやり方を「教えてください」という気持ちで、義両親と付き合うと、スムーズにいきます。頑張ってくださいね!

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。