高知

よさこい祭り2018最終日、後夜祭の日程と地元民が観る会場は?

よさこい祭り最終日、8月12日(日)は、全国大会と後夜祭が行われます。

お祭りの締めくくり、最後まで楽しみましょう!

8月12日(日)日程

12:30~  2018よさこい全国大会オープニング 高知城

13:15~21:30 4会場で全国大会 高知城・追手筋・帯屋町・中央公園

18:30~22:00 2018受賞チーム表彰と演舞 中央公園

スポンサーリンク

全国大会、後夜祭について

全国大会は受賞チームはもちろん、高知県外のチームも出場します。本祭(8月10日11日)に劣らず熱気があり、完成されたものが見たいなら本祭よりもこちらが良いというファンもいるほどです。(本祭しか出ていないチームが完成されていないわけでは決してないです、念の為)

全国大会と後夜祭の違いですが、全国大会はいろんなチームが出場しますが、後夜祭は受賞チームのみの出場です。

本祭で「競演場」と名のつく会場で、10名の審査員がそれぞれの6項目について10点満点で審査し、600点満点で順位が決まります。

①楽曲
②振り付け
③鳴る子の打ち方、鳴らし方
④衣装
⑤地方車
⑥総合評価

賞が決まるのがだいたい本祭の最後あたり、8月11日の19:00~20:30ぐらいで、また全国大会でも審査があるので、それを踏まえて当日の踊るチームの順番が決まります。受賞チームは後夜祭の舞台に立つので、18:30からは中央公園に揃っているということです。

後夜祭の最後には、総踊りといって踊り子さんたちがチーム関係なく舞台に上がり、フィナーレを盛り上げます。

GReeeNさんが提供したことで有名な、「この地へ」という曲は、今年は前夜祭の総踊りで使うことは決定しているものの、後夜祭で使うかは未定とのことですので、できれば後夜祭でも聞きたいですね。

地元の人はどこで観る?各会場の違い

全国大会は4会場で行われますが、ざっと説明すると、高知城と中央公園は舞台で踊ります。追手筋は道路、帯屋町はアーケードなので、パレードです。ここは好き嫌いが分かれるところですね。

この4会場はとても近い場所にあり、高知城からひろめ市場のある大橋通を通って帯屋町(大橋通から中央公園までアーケードになっています)を通り、中央公園まですぐです。追手筋は帯屋町と並行して走っていますので、歩いてすぐ移動できます。

スポンサーリンク

高知城と中央公園は早くから場所取りする人がいるので、中途半端な時間に行っても人の頭を見に行くようなもの…と、地元の人は諦めているフシがあります。それと追手筋は有料の桟敷席ですので、地元の人はお金払ってまでは観ません。ですので踊り子さんとの距離が近く、うるさく、アツく、「お祭り全開!」の帯屋町で見る人が多いです。もし「じゃあ帯屋町で観よう」と思ったら、座るところがないので敷物&クッションのようなもの(アーケードなので地べたは寒いため)、もしくは簡易椅子は持っていったほうが良いです。それと冷えピタ、タオル。飲み物は現地調達でも良いですが、こまめに水分補給しましょう。

帯屋町は13:15スタートなので、早めに(10時から11時位)駐車場確保して、アーケードを散策しつつ観るところを探して場所取りして、ランチなどされると良いと思います。結構朝早くから場所取りしている人はいますので、10時位には行かれることをおすすめします。

アーケード内の店舗は10時オープンが多く、金高堂という本屋さん、マクドナルド、ドラッグストア、ダイソーなどがあります。マクドナルドの2階にはジブリショップや、ウルトラマンを取り扱っているショップが並んであり、そのマクドナルドのビルはソニープラザ、31アイスクリームもあるのでお子様連れでも時間潰しができます。中央公園にもちっさい遊具がありそこでも遊べますよ。

(少しだけ)駐車場のご案内

当日、駐車場は、はりまや地下駐車場(ムラサキアイコン)が入り口がわかりにくいため、空いていると思います。
10円パーキング豊永や(オレンジアイコン)という駐車場が高知で一番安い駐車場です。どの会場にも近いので早めに行けば停めれると思います。

↓よろしければ参考まで

まとめ

最後までお読みくださり、ありがとうございました。高知のよさこい祭り、楽しんでください!

高知市周辺情報はこちら!楽天たびノート

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。