高知

よさこい祭り2018、どこで見る?地元民がおすすめする場所はここ!

よさこい祭りをどこで見るかというのは大きなポイントです。

行ったはいいが、人の頭ばかり…。人混みスゴっ!どっちいけばトイレにたどり着けるの!?などなれない場所では不安要素は盛り沢山ですよね。

ここでは在住の地元民ならでは!おすすめの競演場・演舞場をご紹介します。

スポンサーリンク

競演場・演舞場の解説はこちら

よさこい祭りはどこで見る?おすすめの会場

どこで見るのがおすすめなのか。それはズバリ、升形(ますがた)競演場です!

なぜかというと、歩道(見物客のスペース)に日よけがあること。それとテレビ中継があるのです。よさこい祭りは深夜にテレビ放映されるので、ホテルに帰ってから見ても、自分たちがいたところがテレビに映るのは嬉しいですね。

いや別にテレビ中継いらないし。という方には、菜園場(さえんば)競演場が同じく歩道に日よけがあり、おすすめです。

高知は日ざしがとても強く、冬でも日焼けするほどです。でも日陰に入ればそんなに暑くはありません。高知で日よけのあるなしというのはとても重要なポイントです。

そして升形も菜園場も両方商店街なので、水分の補給も困らないしトイレもあります。

スポンサーリンク

帯屋町演舞場・はりまや橋競演場・京町演舞場もアーケードになっていて日よけにはなっているのですが、こちらはアーケードであるがゆえに音がこもりやすいのが難点です。ただでさえ大音響ですので、その理由からも升形、菜園場がおすすめです。

秦演舞場はイオンモール高知の敷地内にあるので、屋台も出て人気もあり、トイレもすぐ行けるし、と思いがちですが、考えることは皆同じ。トイレも列になっているのは当たり前で店内も混雑しています。

ですが、それがお祭りの醍醐味よ!という方は、帯屋町・秦・追手筋が熱気プンプンで満喫できます。

高知城と中央公園は、よほど早い時間から席取り・場所取りをしておかないと、人の頭を見に行くようなもんです。逆に言えば、早く行くよ!場所取るよ!!という方は、舞台もあり見やすくて楽しめます。

梅ノ辻、万々、上町は、日よけがなくてちょっとこぶりな感じ。けど見物客も多いし、万々は桟敷席も設置されます。ただ桟敷席は夕方になると西陽をもろに浴びるので、午前中か日が暮れてからが良いです。日が暮れてからは人も動かないと思いますので、午前中がおすすめですね。

よさこい祭りの移動に便利!路面電車を活用しよう

まとめ

最後までお読みくださりありがとうございました。よさこい祭りでのおすすめ会場、いかがでしたか。高知のよさこい祭りを堪能してください!

高知市周辺情報はこちら楽天たびノート

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。