手紙

手紙で気持ちを伝えよう!手紙の基本の基本をおさえておこう

手紙は約束事やいろいろな型があるので億劫になる、という人もいますが、それは逆で、約束があり型があるからかえって書きやすいものです。

例えば「拝啓」や「敬具」を使うだけで手紙らしくなりますし、お祝いの手紙でもお見舞いの手紙でも、ひと通りの型、書き方を知っていればこそ、それに合わせて書く、という楽な方法があるのです。

ここでは手紙を書くための基礎となることをお伝えします。

スポンサーリンク

良い手紙の書き方とは

① 素直に書く

手紙を書く、文章にする、、と意識しすぎて、辞書を片手に難しい言葉を書こうとしていませんか。普段使い慣れている言葉で、素直に気持ちを表すことが大切です。

② 要領良く書く

最後まで読んでみても何が言いたいのかさっぱりわからない手紙、前文ばかりが多く、肝心の用件を最後に少しだけ書いている手紙・・・これでは相手に失礼です。相手に目的をはっきり伝えるように書くことを心がけます。

③ 相手への言葉遣い

相手が目の前にいるつもりで、相手に対する心遣いを失わず、自分のまごころを素直に書き表せば、必ず相手に伝わります。ありのまま書くことは大切ですが、乱暴な言葉づかいは失礼です。自分と相手との間柄をわきまえて、丁寧な言葉づかいで書きましょう。

④ 文字を丁寧に書く

字が下手だから恥ずかしい・・・とはよく聞きますが、下手なりに一文字一文字丁寧に書かれた字はたとえ下手でも風格があり、見る人の心を打つものがあります。

⑤ 文章の組み立てを正しくする

手紙には、前文や結語など決まった組み立てがあります。親しい仲間への手紙はともかく、改まった手紙ではそうした決まりに従って書くべきです。

⑥ はがきと封書を使い分ける

昔ははがきは相手に対して失礼に当たると言う考えがありましたが、今は簡単な用事や親しい相手には、はがきのほうが手軽ですぐに読むことが出来、家族にも誤解のないようにオープンなものなので、場合によっては喜ばれます。正式な挨拶や改まったものなどは、封書でなければなりませんが、それ以外の気軽なものであれば、はがきのほうが良いでしょう。

⑦ 下書きをしてから書く

まずノートなどに下書きをして、文章を整えてから便箋やはがきに清書するという習慣をつけておくと、綺麗で上手な手紙が書け、結果的に時間も短縮されます。その上ノートが手紙の控えになりますので、一冊下書き用に用意しておきましょう。

⑧ 出す前にかならず読み返す

手紙を書いて、一晩寝かせてからポストに投函するという人もいます。特に夜書いた手紙は、ロマンチックになったりしやすいですので、朝読み返してみると恥ずかしい思いをした経験が私にもあります。手紙は投函してしまうと取り返しがつかないので、あとあと残るものでもありますので、一度冷静な気持ちで読み返しましょう。また、手紙を読み返すことは誤字や脱字を防ぐためにも必要な作業です。日付や署名、相手の宛名にも誤りのないよう、慎重に確かめます。

手紙の組み立て

前文・・・手紙の本文の前に置かれるもので、例えば用事で人を訪ねる時、挨拶をしてから用件に入るように、その挨拶の部分に当たります。

起首(書き出しの挨拶)・・・人の家を訪問したときに声を掛けるものと同じです。「ごめんください」と同じで、「一筆申し上げます」という意味のものです。代表的なものは「拝啓」で、返信の場合は「拝復」が使われます。

※起首に「前略」「取り急ぎ申し上げます」など、前文を省略する意味を書いたときは、この後の時候の挨拶や安否の挨拶は省略します。

スポンサーリンク

時候の挨拶・・・「暑くなってまいりました」や、「紫陽花の似合う季節になりました」など、四季の移り変わりなどに寄せた挨拶にあたります。「春暖の候」や、「厳寒の候」と表現しますが、私はそのまま「暑くなって・・」や、「紫陽花の似合う・・」と書くようにしています。

安否の挨拶・・・「お元気ですか」と相手の安否を気遣う言葉を起首に続けて書きます。その後へ「自分も元気でやっております」など自分の無事を伝える言葉を書きますが、これは遠くにいる両親や、日頃自分のことを気にかけてくれている人にあてる場合が多く、一般的には省略されます。

お礼やお詫びの挨拶・・・「いつもお世話になっております」や、「先日はごちそうになりありがとうございました」というお礼の挨拶です。また、「長らくご無沙汰して申し訳ありません」や、「この度はいろいろとお手数をおかけして申し訳ありません」などお詫びを書く場合もあります。

主文・・・手紙の本体となる部分です。ふつうは「さて」や「ところで」など適当な起こしことばを使います。

末文・・・本文のあとに書くもので、結びとなる部分です。訪問の際の、用件を済ませ帰る前の挨拶にあたります。「用件を結ぶだけのもの」や「相手の健康を祈るもの」、「乱筆を詫びるもの」などがあります。

結語・・・前文の起首に対応するもので、拝啓に対しては「敬具」、前略に対しては「草々」と釣り合いを取った言葉を書きますが、 女性は「かしこ」で結ぶ場合が多いです。

あとづけ・・・日付、署名(氏名)、宛名と敬称、わきづけです。 わきづけは敬称の横に添える「まいる」「みもとに」ということばですが、特に改まったものでなければ付けなくても良いでしょう。

例として

前文 起首     拝啓
時候の挨拶  暑くなってまいりました。
安否の挨拶  皆様にはお変わりなくお過ごしのことと存じます。
お詫びの挨拶 いつもご無沙汰ばかりで申し訳ありません。
※安否の挨拶かお詫びの挨拶かは、内容やお付き合いによるので、どちらか選んで

主文 書き起こし  さて、突然ですが・・・
用件     この度主人の仕事の都合で転勤が決まり・・・

末文 結びの挨拶  なにとぞよろしくお願いいたします。
結語     かしこ(もしくは敬具)

あとづけ 日付   十月二日
署名   山田花子
宛名敬称 日本太郎様
わきづけ みもとに(※これはなくても良い)

拝啓の下は1文字空けます。2枚めの日付も2文字分あけて、かしこと自分の署名の下を揃えます。

まとめ

最後までお読みくださりありがとうございました。
上の説明では長くなり、少し大変なように見えますが、「例として」を見ていただけるとわかるように、起首は「拝啓」もしくは「前略」の二文字だけですし、時候の挨拶も、普通に道でばったりと知人にあったときにするようなもので構いません。

そんなに身構えずに手紙を書いてみましょう。

改まった相手へのお礼状の書き方
お礼状をハガキで、頂きもの編

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。