手紙

3月の手紙の書き方季節の挨拶時候の挨拶と結びの言葉画像あり

手紙を書く時に困るのが一番最初の書き出しではないでしょうか。

3月は~の候ってと書いてあるけど、これって今日、手紙を書くこの日に合っているのか、失礼に当たらないか、悩みますね。

ここでは3月の手紙の書き出しの挨拶と、結びの言葉を画像つきで解説します。

スポンサーリンク

3月上旬の季節の挨拶時候の挨拶

手紙の流れは、下記のようになっています。

前文…頭語(拝啓や謹啓など)、時候・季節の挨拶、安否の挨拶

主文…用件

末文…締めの挨拶、結語(敬具や謹白、かしこなど)

あとづけ…日付、署名、あて名

3月は早春の候、向春の候、春暖の候、などと書きます。すべてに「春」が入っています。

書くとわかるのですが、この「~の候」というのは、出す相手にもよりますがなにか淋しい気がします。
「拝啓 早春の候、皆様お変わりありませんか」となるので、もう少し口語体というか親しい感じを出したいというか…。

ですので手紙を書くときの書き出しとしては、ビジネスや改まった相手には「~の候」とし、

プライベートだったり、改まった相手ではあるけれどお顔も合わせたことがあり、もう少し近い関係の方には、書く日にちを入れるようにします。

また下書きをしてみて、これはもう少し綺麗な書き出しが良いかなと思う相手には、花のことや、事象・現象のことを書きます。

今はスーパーでも花が売られており、きちんと名前も書いてありますので、またそのときに売られている花ですので季節のもので間違いありません。

事象・現象というのは、実際に起こっている現象などを書きます。例えば買い物に行ったときに通りかかった公園の梅の花が咲いていたことや、

まだ朝は息が白く、でも真冬と違って少し暖かさを予感させるような、気持ちの良い空気のことだったりを文章にして書き出しに使います。

3月の書き出しでビジネスや改まった相手

・早春の候、皆様におかれましてはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
・向春の候、皆様お変わりなくお過ごしのこととお慶び申し上げます。

3月の書き出しで目上でも少し近い間柄の相手

・もう3月に入りました。皆様お変わりありませんか。
・3月もはや半分が過ぎました。皆様いかがお過ごしでしょうか。

3月の書き出しで綺麗な書き出し

・シクラメンがきれいに咲いています。
・こちらでは公園の梅が咲き始めました。(地元以外の方へ宛てて書く場合)

・朝、空気が澄んでいて、空が高く感じました。
・春らしいさわやかな陽気が続いております。

など、あまりくどくならないようにあっさりと書くように心がけます。この季節の挨拶は1行におさめるくらいを目安にします。

また最近お会いした方には、皆様~の部分を、

・先日はお顔を拝見でき嬉しかったです。
・先日は思いがけないところでお会いし、きちんとご挨拶もできず失礼いたしました。

などとお会いした時のシチュエーションを書きます。

そして主文の用件を書き、最後に結びの言葉を書いて締めます。

3月の結びの言葉

最後に相手のご健康や、ご家族がいらっしゃる相手であればそのことに触れて結びます。

・奥様によろしく、時節柄ご自愛下さいませ。
・ご両親様にもよろしく、まだ寒い日が続きますので皆様お体大切にお過ごしくださいませ。

相手のご家族の書き方としては

両親→ご両親様方
父→お父様・ご尊父様
母→お母様・ご母堂様
兄→お兄様
姉→お姉様
弟→弟様
妹→妹様
子供→お子様・お子様方
息子→息子様・ご子息様
娘→お嬢様

となります。

この結びの言葉は、季節によって変えるのですが、だいたい同じ文章になります。

A
①時節柄
②季節の変わり目ですので
③3月に入ったとはいえまだ寒い日が続きます。

スポンサーリンク

B
④ご自愛下さいませ。
⑤お体大切になさってくださいませ。
⑥お体には気をつけてお過ごしくださいませ。

便箋の残りの行数を見て、あとづけが十分書ける余裕があればA③とB⑥とか、あまり余裕がなければA①とB④とか組み合わせて書きます。

「拝啓」と書き出すと最後の締めくくりの結語は「敬具」もしくは女性は「かしこ」とします。

慶弔など特に改まったときに使う「謹啓」は、結語は「敬白」「謹白」。

急ぎで頭語が「前略」のときは、結語は「早々」や「草々」とします。

手紙のあとづけの書き方

手紙の結びの言葉(結語)の後に、いつ誰が誰に書いたものかわかるように、あとづけというものを書きます。

これが覚えておくと簡単ですが、そんなに手紙を書くことも少ないので忘れてしまいがちです。

私も手紙を書くたびに確認したものです。

手紙を書いて、1枚めもしくは2枚めギリギリまで書き、次のページにあとづけのみ、というのは失礼になります。

そういったときには、少し文章を省いてそのページにあとづけまで書くようおさめるか、

逆に言葉を多くして文章が次のページにまたがるようにするかして、

とにかくあとづけだけのページにならないようにするのが大切です。

できればあとづけを、日付に1行・署名に1行・宛名に1行と、合計3行は欲しいですが、残りが2行の場合には日付と署名は同じ行に書き、

宛名に1行取ります。

また反対に便箋の初めの方にあとづけが来た場合には、日付、署名、宛名を1行ずつあけて書いても構いません。下の画像は宛名を書くときに1行あけています。

バランスの良いように仕上げましょう。

手紙を書く時に、先方のお名前が下の方に来る場合には、段を変えて次の段の頭に来るようにします。便箋の3分の2ぐらいを目安にします。

逆に、自分の方はあまり上に来ないようにします。「主人は」とか「私ども」などが段の上の方に来るようであれば、使わなくても済むよう文を変えたりして、調整しましょう。

ですが気にし過ぎということもありますので、自分側のことは段の一番上に来なければ良いと思います。

最近ではあまり気にされないことが多いですが、特に年配の方に出すときには気をつけたほうが良いでしょう。

下書きは必須

必ず下書きをすること、これは必須です。

下書き用の便箋を用意されるのがおすすめです。らくがき帳など無地のものでも良いので、その下書きしたものが、そのままどの相手にどんな文章でいつ書いたか、などの記録にもなります。

「頂き」や「申し上げます」「お過ごし」などは重複しがちですので、下書きしたものを声に出して読んでみて、しつこい文章になっていないか、同じ言葉が繰り返されていないかをチェックしましょう。

字について

いざ便箋に書く字は一文字一文字、ゆっくりと書くと、丁寧に書くことが出来ます。

時間がかかるかもしれませんが、サラサラっと書いて間違えたりして書き直しするよりも、ずっと早く仕上がります。

まとめ

最後までお読みくださりありがとうございました。3月の手紙を書く際にご参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。