イライラ

意見のくいちがい。あなたを非難する人はかならずいる

十人十色という言葉があります。好みや考えは人によってそれぞれ違うということと辞典には載っています。人それぞれ、三者三様、百人百様も同じ意味です。

もしあなたが10人の人の前で自分の考えを述べたとします。それに対して、10通りの感想なり見解があるということです。全部が全部賛成してくれるとは限りません。むしろそんなことは有り得ないことなのです。

この音楽好きなんだよね、と言っても、それを受け取る側の人は、「私も好きだ」と思うか、「私は好きじゃない」と思うかはその人の思い出や経験などから導き出されます。

また同じ「好き」でも、あなたとは違う感覚や感情で「好き」であるといえます。

それを、共有できたと思ってしまうと、あとで少しのズレが生じたときに、傷ついてしまいます。または、裏切られたなどと思ってしまうこともあります。

そんな事にならないためにも、人は自分とは違う考えを持っていると理解しておきましょう。

スポンサーリンク
  

人は自分以外を非難する

音楽でもいろいろジャンルがあり、クラシックやロック、レゲエ、パンクなど多岐にわたります。それをいろんな「好き」があるように、いろんな「嫌い」もあります。

おしゃべりが好きな人がいれば、嫌いな人もいます。

そのことを念頭に置き、あなたが自分の考えを述べたときには、必ず反対する人がいるということを知っておきましょう。

色んな人がいるのは、人それぞれ思考が違うというのは、わかっていると思っているかも知れませんが、気持ちの奥底では、自分が考えたことが間違っているはずがない、こんなに正しいことなのに、などと考えてしまいます。

スポンサーリンク

ブッダやキリストでさえも非難する人はいるのです。自分の考えを非難する人は必ず一人以上いると思って間違いはないと、知っていることが大切です。

自分の思い通りにはならない

以前仏教の本を何気なく手にとり、それは子ども向けの本だったのですが、仏教では一番最初に「四苦八苦」といって、この世の中は自分の思い通りにならない、辛いことばかりだ、だからまずはそれを理解し受け入れましょうというようなことが書かれていました。その時は「こんなことを子供に向けて書くなんて、夢も希望もなくなるじゃないか」と思いましたが、それはそのことを知っておくと、自分の思い通りにならないことが起きても、傷つく心が多少なりとも小さくてすむでしょうというものでした。

確かにどんなことも自分の思い通りにはなりません。自分の職場ではどうですか?学校では?家族の中では?自分自身のことでも、思い通りになってくれないこともあります。

また逆もしかりで、誰かの提案や考えに反発することもよくあることです。自分はそうは思わない、それは違うと感じることは普段の生活で頻繁に遭遇します。それを知ると、自分だけが反対されないなどとは思えないですよね。そこを知っておきましょうということです。

まとめ

自分の意見を否定されたり、反対されたりするのは苦しいことです。ですがその「必ず非難される」ということを知っていれば、ショックは受けるものの、「そういう意見もあるよね」ぐらいに聞けるようになります。

非難に対して心構えをしておきましょう。

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。