手紙

3月上旬の手紙の書き出しと結びの挨拶自分の言葉で書く手紙のコツは?

手紙は「拝啓」から始まり、「〇〇の候、皆様におかれましては~」と続き、本文を書いて「敬具」で締めくくる。面倒かな…と思いますが、これはこの順序があって、これに沿って書けば手紙が出来上がるという、いわばマニュアルです。

これがあるからこそスムーズに手紙が書ける便利なものなのです。

SNSなどは瞬時に用件を伝えられる良いツールですが、その人のことを考えながら、1文字1文字丁寧に字を書いて、思いを伝えてみませんか。

ここでは3月上旬の書き出しと結びの挨拶、それと自分の言葉で書くということがどういうことなのか、書き方のコツをお伝えします。

スポンサーリンク

3月上旬の手紙の書き出しと自分の言葉で書くコツ

手紙の流れは、下記のようになっています。

前文…頭語(拝啓や謹啓など)、時候・季節の挨拶、安否の挨拶

主文…用件

末文…締めの挨拶、結語(敬具や謹白、かしこなど)

あとづけ…日付、署名、あて名

頭語は「拝啓」がほとんどです。特にプライベートでは「拝啓」が一般的です。

よく手紙の書き方の本や、こういったサイトで、書き出しを「~の候(こう)」と書かれていますが、今この手紙を書く日にちはこの書き方であっているのか悩みます。

これは例えば3月でしたら、「早春の候(そうしゅんのこう)」となります。

「早春」とは、「暦の上では春になったが、まだ薄ら寒さの感じられる時分」(新明解 国語辞典第四版から引用)「~の候」とは~の頃、時節、のことです。

これは3月全般に使える言葉です。

また、「春分の候」という書き出しがありますが、春分の日のあたりのことなので3月21日頃のことです。

「春分の候」は、二十四節気の一つで、この二十四節気というのは1年間に二十四ありひと月に2つ(2気?)あります。大体月の初め4~8日頃と、月の終わり19~23日頃です。

立春とか秋分、冬至もこの二十四節気で、手紙の書き出しでよく見る「~の候」は、この言葉を当てはめることが多くあります。

「立春の候」などですね。そしてこの「春分の候」も同じです。

これは要はその手紙を書く時の季節のことを書けば良いのです。

なので私は手紙を書く時には、その日の、手紙を書く時の、事象や現象をそのまま書くことにしています。

一番手っ取り早いのが日にちを書くことです。

手紙を書く日が3月の上旬であれば、「もう3月に入りました。」と書きます。~の候と同じ意味ですね。

またこれでは少し味気ないな、と思う相手には、今ではスーパーにも花が売られていますので、そのことを書きます。

私は花の名前が全くわからなくて、ひまわり、チューリップ、パンジーぐらいしか自信を持って答えることが出来ません。

スポンサーリンク

でも花屋さんには名前も書いてあるし、その時期に売られていますので、その季節の花で間違いないです。

・桃がきれいな季節になりました。
・梅の蕾がふくらみ始めていますね。

など、その地域のニュースなどでもこういった季節の花のことはよく話題になりますので、耳にしたことを書くようにします。

もしくは、イベント事でもかまいません。この季節は卒業式やひな祭り、春休みのシーズンですので、

・先日花束を持った学生を見ました。もう卒業のシーズンですね。
・姉がおひなさまを飾っています。

などとしても良いです。ご自分が気づいたことを書きます。

気をつけるのが、ネガティブなことは書かないこと。結びの挨拶に「まだ寒い日が続きますので」はかまいませんが、手紙の最初に「寒い日が続く」などはやめておきましょう。

3月上旬の結びの挨拶と自分の言葉で書くコツ

結びの挨拶は、相手の家族のことや、健康を祈る言葉を書きます。

家族のことは家族構成をそのまま書いて、健康を祈る言葉を続けます。

・ご家族の皆様によろしく、
・奥様にもよろしく、

などと書いてからその後へ

・時節柄ご自愛下さいませ。
・まだ寒い日が続きますので、お体大切にお過ごし下さい。 

と書きます。

手紙の残りの行数を見て、少ししか書けない場合は「時節柄ご自愛下さいませ。」とし、ちょっと余裕がありすぎと思えば、「まだまだ寒い日が続きます。お体には気を付けてお過ごしくださいますように」と書いたりします。

結語は、頭語とセットです。

「拝啓」と書き出すと最後の締めくくりの結語は「敬具」もしくは女性は「かしこ」とします。

慶事など特に改まったときに使う「謹啓」は、「敬白」「謹白」。

急ぎで「前略」のときは「早々」や「草々」とします。

本文を自分の言葉で書くコツ

本文はどんな用件を書くのか、メモしておきます。

例えば主人の上司からお土産を頂いたお礼を言いたいのであれば、

・北海道のお菓子をもらったお礼
・子供が大好きで大喜びだった
・奥様によろしく
・お風邪などひかないように

など。

そして、お礼であれば「心より感謝申し上げます。」も良いのですが、「出張のお土産と伺っております。普段から良くして頂きながら、出張のときでまで主人のことをお気遣いくださって、とても嬉しかったです。本当にありがとうございました。」と、言葉をいじらずにそのまま自分がよく使っている言葉を、少し丁寧にして書くようにすると、より伝わりやすいと思います。

まとめ

最後までお読みくださりありがとうございました。3月のお手紙を書く際のご参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。