はがき

インターンシップお礼状ハガキの書き方ポイントと宛先画像あり

インターンシップでお世話になり、お礼状を書こうと思ったとき、大切なのは「誰に向けて書くか」ということです。

その会社に向けて書くのか?指導してくれた方に書くのか?

ここを先に決めると、お礼の内容も変わりますので書きやすいです。

そして書くとすればやはり会社宛ではなくて、指導してくれた方に書くべきかと思います。

もちろん応募をして採用してくれたのは会社ですが、なぜお礼状を書こうと思ったのか。これは実際に体験してみて、勉強になったことのお礼を書きたいと思ったからではないですか?

これは混同しがちですが、全く別の事柄ですので、お礼状を書こうと思った理由、これを明確にしておかないと、お礼状があやふやなものになってしまい、「何を伝えたいのか」がわからなくなります。

まずはここをしっかりとまとめておいてから、お礼状を書きましょう。

スポンサーリンク

お礼状はハガキで書く?便箋で?

1dayインターンシップや、短期、長期と色々ありますが、それぞれどんなことを教わったのか、どんな内容だったのかで、書くことは変わってきますね。

体験型イベント系のものですと、直接関わった人は少なく、またその人と関わった時間もそんなになかったのではないでしょうか。

それといろんな部署の体験なども、1日ずつ日替わりだったりすると、指導してくれる人と関わる時間は少なくなります。

そういった場合には、ハガキで書くことをおすすめします。

これがもしも長期体験型のインターンシップで、お互い顔も覚えてある程度話もできる間柄になっていたり、短期でも栄養士や保育園幼稚園のインターンシップで、みっちりと指導してもらえたり、相手に自分の名前を覚えてもらえている場合などは、便箋に書いて封筒に入れて出す手紙をおすすめします。

便箋で書く手紙というツールは、お礼などを伝える時に気持ちの伝わるとても良いものですが、受け取る側としては手のかかる、少し面倒なものでもあります。

封筒をあける、折っている手紙をひらく、と、これだけなのですが、これがハガキですと、すぐに読むことが出来るので、会社の中で回覧もしやすく、相手にとっては親切なツールです。

こういったツールというのは、SNSやライン、メール、電話や手紙、ハガキといったものになりますが、受け取る相手のことを思い遣って選ぶということが大切です。

確かにお礼状は手紙が一番丁寧ですが、インターンシップに参加した学生は自分ひとりではなく、またその時の感想や伝えたいことというのは、それこそその学生の方たちはこういったサイトなどを見て書かれると思われますが、多分似た感じの文章になるのではないでしょうか。

ですが、相手のことを考え、見やすいようにハガキにし、ご自分の言葉で書かれたお礼状のほうがずっと相手に響くことでしょう。

1dayインターンシップや短期でのインターンシップでお世話になったときのお礼状としては、ご自分の考えや主張、感想などはあまり必要なく、日常の業務の最中に時間をさいて指導してくれたことのお礼のみにとどめておくことをおすすめします。

感想を書くのは良いことで、もちろん悪いことではありませんが、お礼を書くことが目的ですので、なるべく簡潔に書きます。

インターンシップでお世話になったときのハガキのお礼状の書き方ポイント

ハガキは表に相手の住所や所属先、お名前と、自分の住所と名前を書いて、裏に本文を書きます。

本文には「何月何日にお世話になった、どこの誰それだ」という書き方をしましょう。

なぜならあなたの対応をした社員は1人でないので、こういったお礼状は関連部署内に回覧されます。

ひとつの会社で引き受けるインターン生も1人ではないので、名前と大学名だけだと、どの学生が送ってきたお礼状かすぐに分からない可能性があります。

スポンサーリンク

指導してくれた方の記憶をスムーズに呼び覚ますためには、どんな内容の作業をさせてもらったかを簡単に書いておくと親切です。

ハガキは手紙と違って、「拝啓」や「〇〇の候、皆様におかれましては~」などの挨拶を省くことが出来ます。

まずはメモに何を伝えたいかを書いておきましょう。

・インターンシップの日付と自分の学校名、名字
・どんな仕事を体験させてもらったか
・どう感じたか
・相手の会社の繁栄を祈る言葉
・自分のフルネーム

これを下の文章に自分の言葉を当てはめていきます。

インターンシップのお礼状文例画像

・○月○日にインターンシップでお世話になりました、??大学の××と申します。

・今回△△課の皆様に□□の業務をご指導いただきました。皆様の日常業務のほんの触りの部分だけだと思いますが、一つのミスも許されない緊張感で、仕事の重みを体験できた貴重な七日間でした。

・本当にありがとうございました。

・皆様のますますのご発展を心よりお祈り申し上げます。
フルネーム

この1面だけですべてが分かるようにします。(住所などは別面で明記するので)

単語の途中で行が変わる場合、小さい「っ」「ゃ」「ゅ」「ょ」が行のあたまに来ることの無いように、それだけ気を付けましょう。あとは上の段、一番下の段を揃えることを優先させたほうが読みやすいです。

回覧されることを前提で、読みやすさ重視で書きましょう。

宛名の書き方は?

指導担当者あてにしたほうがいいのか、プログラムの責任者に宛てたほうがいいのか。それとも課全体に宛てて書いたほうがいいのか、悩みますね。

その会社の人事部がインターンを担当し、窓口になっていたとしても、細分化されたチームがある場合、または実際に指導してもらった部署がある場合にはその部署名あてに書きます。

直接現場で接した人ですから、受け取った側も「ああ、あの子か~」と気がついてくれます。

もし指導担当の方がどの課の方かわからない場合などは、最初にインターンを申し込みした住所に、インターンシップ担当者様宛てに出しましょう。

そうすれば、ハガキの内容から、その部署に回してくれます。

インターンシップ担当者のお名前がわかっている場合は、「インターンシップ担当者様」を「フルネーム様」とします。

まとめ

最後までお読みくださりありがとうございました。インターンシップのお礼状を書く際のご参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。