生活

香典袋の書き方はご霊前ご仏前御香典?薄墨で書く?画像で解説

今はコンビニでも香典袋が手に入り、とても便利です。

でもいざ書くときに、

御霊前?御仏前?御香典?なんかどれも当てはまるような・・・と悩みますね。

その辺りが曖昧で不安な方は、ここでしっかりと確認をしておきましょう。

スポンサーリンク

香典袋の書き方はご霊前?御仏前?御香典?

亡くなった方、もしくは喪主の方の宗教によって違う、とはよく聞きますが、実際のところどうなのでしょうか。

一般的に宗教がわからない場合は、49日までは「ご霊前」、それ以降は「御仏前」の香典袋にします。

これは仏教の場合、49日は故人が仏になる重要な日とされていて、霊がその日から家を離れるということから、49日までは「御霊前」それ以降は「御仏前」となります。

そして浄土真宗の場合には、「亡くなった時点で仏になる」という教えですので、「御仏前」となりますが、伺うこちらとしては、そこまではわかりかねるというのが本音です。

そんな悲しいお気持ちの中にいるご遺族に電話で伺うのも失礼ですし、そこを気にされるご遺族も少ないですので、49日を境に使い分けます。

キリスト教の場合は「お花料」となり、こちらの不祝儀袋はコンビニにはあまりなく、文房具屋さんで取り扱いのあるところが多いです。

ポイント

49日までは御霊前
49日の法要は御仏前
49日以降は御仏前

香典袋の表書きの書き方、濃墨?薄墨?

香典袋の書き方ですが、一般的には薄墨の筆ペンで短冊の下部に、上書きよりも少し小さめにフルネームを書きます。

まず目当ての短冊を袋と並べます。

そして水引の場所に注意して名前を書きます。

スポンサーリンク

香典袋を買ったときについている短冊が、濃墨で上書きを書かれているのに、名前だけ薄墨っておかしくない?という方もいらっしゃいます。

葬儀社の方に聞くと、「上が濃墨なら下も濃墨・上が薄墨なら下も薄墨、チグハグなのが一番おかしい」と教わりました。

ですが、実際上に合わせて濃墨で書くとなると、ちょっと違和感があります。私はこれが気になるので、短冊を外してそのまま香典袋に直接「ご霊前 名前」を書いています。

短冊はもともとは無いものでして、直接香典袋に書くものでしたが、時代に合わせて香典袋を作っている会社が、書き間違えた場合とか、色んな場面に合わせて(ご霊前・御香典・ご仏前)使いやすいようにと考えられたものです。

なので絶対に短冊を使って書かなくてはいけないものではなく、気になるのであれば香典袋に直接書かれたほうが良いですね。

以前私も身内が亡くなったときに、濃墨・薄墨は全く気になりませんでした。マジックで書かれていたものは、「ん?」と思ったものの、それも特に筆は使いにくかったのかな、ぐらいのものでした。

他の方に伺っても、要は「名前と住所、金額がきちんと分かる」ことが最重要で、濃墨か薄墨か、またお札の向きなどはまったく気にもならないようでした。

ですが包む側からすれば気になるのも当然で、

・表の上書きは筆、もしくは筆ペンで書く
・中袋は誰が見ても読めるように、ペン(ボールペン、マジック、筆ペン)で住所・名前・金額を丁寧に書く

が大切です。

まとめ

最後までお読みくださりありがとうございました。突然のことですので、しっかりと把握しておきましょう。

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。