手紙

1月の手紙の書き方で季節の挨拶時候の挨拶など書き出しと結びの言葉

手紙を書くときにどうしても悩むのが、季節や時候の挨拶です。相手に失礼でないか、おかしい表現でないか、つまづきます。

ここでは1月に出す手紙の書き出しの言葉(季節・時候の挨拶)を、上旬・中旬・下旬とすぐに使えるようにお伝えします。

ご自分の感覚で、その手紙を出すときの季節感で選んで下さい。

スポンサーリンク

結びの言葉は、本文の用件に応じて使い分けて下さい。結語は頭語とセット(拝啓を使った場合は敬具で締めるなど)で使います。

1月といっても、書く日にちによっては暖冬で暖かいのか、外へ出るのも嫌になるほど寒いのか、お住まいのところやその年によって違いがあります。それをご自分の感覚で選んで書いて下さい。

手紙の流れは、下記のようになっています。

前文…頭語(拝啓や謹啓など)、季節・時候の挨拶、安否の挨拶

主文…用件

末文…締めの挨拶、結語(敬具や謹白、かしこなど)

あとづけ…日付、署名、あて名

1月の季節の挨拶・時候の挨拶、安否の挨拶

ビジネスや目上の方あて、もしくはあらたまって出す手紙
※上旬の文例

拝啓 新春の候いよいよご健勝のこととお喜び申し上げます。日頃のご厚情を深く感謝いたします。

敬具

プライベートで出す場合
※中旬の文例

拝啓 松飾りも取れ普段どおりの生活が戻ってまいりました。皆様お健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。

敬具(ご自分が女性の場合は「かしこ」)

プライベートの場合、頭語は「拝啓」の場合がほとんどです。

季節・時候の挨拶は、ご親戚や在学中にお世話になった先生、ご主人の上司の方や社長、そのご夫人に出す場合などシチュエーションによって文章も変わってきます。ご自分の感覚に近いものを選んで下さい。

基本的に季節の挨拶は事実をそのまま文章にすると、書きやすく季節に合ったものになります。

上旬
・新春の候 ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
・皆様おそろいでよき新年をお迎えのことと存じます。
・初春にふさわしい穏やかな日が続いております。皆様お変わりありませんでしょうか。

中旬
・1月も半ばを過ぎました。お変わりありませんか。
・やっとお正月気分が抜け、日常が戻りました。皆様お健やかにお過ごしのことと存じます。

下旬
・あまり雪の降らない当地ですが、めずらしく雪がうっすらとつもり、子供たちが大喜びです。皆様お元気でお過ごしですか。
・寒椿が鮮やかに咲いていました。お元気でお過ごしでしょうか。

安否の挨拶は、

・皆様お変わりありませんでしょうか。
・皆様お健やかにお過ごしのことと存じます。
・皆様お元気でお過ごしですか。

のどれかにしています。

ビジネスですともう少しかために、

・ますますご活躍のことと存じます。
・○○様におかれましてはご健勝のこととお喜び申し上げます。

とします。

相手のお身内にお体のすぐれない方がいらっしゃると自分が知っている場合には、

・お母様のお加減はいかがですか。

などと、本文(手紙の用件)と関係がなければあっさりと書きます。本文にかかわることなら安否の挨拶はなしで、季節の挨拶のみにとどめます。

スポンサーリンク

1月の結びの言葉の文例

本文の後、敬具やかしこ、謹白の前に書く文章です。

返事を求める言葉

・お手数ながらご返事くださいますようお願い申し上げます。
・恐縮ながらご回答を賜りたくお願い申し上げます。

今後のことを頼む言葉

・今後ともご指導の程よろしくお願い申し上げます。
・今後とも変わらぬお付き合いのほどよろしくお願い申し上げます。

一般的な締めの言葉

・時節柄ご自愛下さいますようお祈り申し上げます。
・お寒さ厳しき折から、どうぞお体おいとい下さいませ。
・時節柄お体大切にお過ごしくださいませ。
・御地では記録的な大雪と伺いました。何卒ご自愛下さいませ。
・日が短く、寒さも身に染みる時節です。くれぐれもお体を大切に。

まとめ

最後までお読みくださりありがとうございました。手紙を書く時「ご自分の言葉で」とよく聞きますし、実際ご自分の言葉で書くのが良いのですが、手紙を書き慣れていないと相手に失礼にならないかと心配になりますよね。そんなときにご参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。