添え状

結婚の内祝いで添え状を同封するときの封筒の書き方と文例

ご結婚おめでとうございます。

結婚すると、結婚式すんだ~終わり!ではないですよね、しないといけないことが山ほどあります。

結婚の内祝いもその「しないといけないこと」のひとつ。

結婚内祝いとは、もともとは結婚や出産、長寿といった内輪のお祝い事があったときに、周囲の人たちに餅やお赤飯を配って「喜びをおすそ分けする」というものだったそうで、現在では頂いたお祝いのお返しという考え方が主流です。

贈る相手によりますが、ご主人の上司の方や、ご主人・ご自分の同僚、友人は「他人」だから、より丁寧なお礼状と別便で内祝いを送るとして、微妙な距離感の親戚や、兄妹のお身内の方には、品物に添え状のほうが良いのかも・・・と悩みますよね。

「お礼状」としたいのであれば、品物に同封せずに、きちんと手紙として別便で送ることをお勧めします。

ここでは品物に添える添え状の書き方や文例をお伝えしていきます。

スポンサーリンク

添え状を書く封筒と便箋、書き方

何か物を送るときに、封をした手紙の類は「信書」といって、送れないものですが、「内容物に関するかんたんな挨拶状や、無封の添え状や送り状は同封することが出来ます」と郵便局のHPに書いてあります。(郵便局HPから引用)

ですので封をせずに入れましょう。

封筒と便箋は白のものが良いとされていますが、キャラクターのものなどでなければ良いです。あまりに派手なものは控えます。

品物に添えるものなので、便箋でなくカードか一筆箋がふさわしいです。

慶弔のものなので、目上の方には縦書きで一筆箋、もっと近しい方、ご同僚や友人には横書きのカード、としても良いでしょう。

一筆箋の場合は縦長の白い封筒で、縦書きで相手の名前をフルネームで書きます。

奥様がいらっしゃる場合には、宛名の名前の左に書き、様をそろえて書くときれいに見えます。

裏にはご主人のフルネームとご自分の名前を書きます。

一筆箋やカードは、もし適当な良いものがなく買われる場合には季節の関係ない絵柄のものがおすすめです。これは使いたいときに季節の絵柄ですとその季節以外では使えないからです。

このときのためだけに買われるときには、季節の柄が入っているものを買われると良いですね。

カードの場合は洋封筒の中央に横書きで宛名を書き、裏の右下にご主人のフルネームと自分の名前を書きます。

届ける品物の中に入れるものですので、ご住所は書かずにお互いの名前のみにします。


スポンサーリンク

文例

①式に来てくれた方あて

先日はお忙しい中ご出席下さり、ありがとうございました。またご丁寧なお祝いを頂きまして、これからの二人の生活に、大切に使わせて頂きます。ささやかですが内祝いをお送りします。今後ともご指導のほどお願い申し上げます。

②式に来られなかった方あて

このたびは私達の結婚にあたたかなお心遣いを下さいましてありがとうございました。十二月十五日に無事挙式致しました。笑顔のあふれる家庭を築いていきたいと思います。ささやかですが内祝いを送りますのでご笑納下さいませ。これからもお付き合いのほど、よろしくお願い申し上げます。

式をしなかった場合には、②の文で「十二月十五日に無事挙式致しました」を「入籍を済ませました」に変えます。

内祝いの品物に添える添え状の文章は、どうしても「頂き」という言葉が多くなります。

・下さり
・頂戴し

などに変えて、何度も使わないようにしましょう。①の文では2回使ってしまっていますが、そんなに気にならないかなと思いそのままにしました。

②で「あたたかなお心遣い」としていますが、「暖かな」「温かな」がどちらもしっくり来なかったので、ひらがなにしました。書くときにご自分の感覚に合うものを使われると良いです。

①②は両方ともお金でお祝いを頂いたときの文例です。もしも品物で頂いたときには、その旨を書きます。

・家飲みのときにグラスを使うととても贅沢な気持ちになります。
・二人で大切に使います。

同梱するときに気をつけること

ご自分でゆうパックや宅配便を利用して送る場合には、品物の宛名と添え状の宛名が違わないよう気をつけることが出来ますが、デパートなどに任せるときには、複数送付の場合は特に、受取人の名義を書いた封筒と贈物(宛名)とに相違がないよう店側に念を入れておきましょう。

まとめ

最後までお読みくださりありがとうございました。内祝いを送る際のご参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。