はがき

【はがき】お歳暮のお礼状ははがきで書こう!書き方と文例画像あり

お歳暮を頂くと、届いた時に電話でお礼を言いますね。その後お礼状を書くのがマナーです。

手紙は丁寧で良いものですが、もらったときに億劫なものでもあります。

はさみで封を切る、想像はつくものの開けるまで内容がわからない。

その点、はがきですと届いたらすぐに読むことができて手軽です。また手紙はかさばるし、汚したくないので仕舞ってしまいます。はがきは手元においておけるし、何度も読み返したくなります。

ぜひはがきでお礼状を送りましょう。

スポンサーリンク

お礼状の書くときのポイント

手紙と違ってはがきは書くスペースも少ないので、簡潔に文章をまとめます。

拝啓などの頭語や、季節の挨拶は省いても構いません。

もしも送り状があったときにはそのことも含めたお礼状にします。

内容

・頂いた品物を書く

・嬉しい気持ちを具体的に書く

・結びの言葉を書く

その品物が、相手が主人の好きそうなものを送ってくれたのか、子供のことを考えて選んでくれたのか、それによって文章を考えます。

今は横書きでも違和感はありませんが、縦書きのほうが無難です。字はゆっくりと丁寧に書きます。

自分が仲人をつとめた若いご夫婦へ

山田さん、花子さん、お元気でお過ごしのことと存じます。この度はご丁寧にお歳暮を送って下さりありがとうございました。新鮮な帆立、早速お刺身で頂きました。こちらでは味わえない、とてもぜいたくな一品でした。これから寒さも厳しくなります。ご自愛下さいませ。

親しい友人へ

スポンサーリンク

今日お菓子詰め合わせセットが届きました!!いつも気にかけて下さってありがとうございます。早速子供と至福の時間を味わいました。これから年末に向けてお忙しいことと思いますがお体大切にお過ごし下さい。

主人あてに頂いたお歳暮で主人の知人へ

今年も早いもので残すところわずかとなってまいりました。この度は新鮮な魚介をお送り下さいまして誠にありがとうございます。主人が大好きで毎晩のお酒がすすんでしまいます。暮れのお忙しい中にも関らずお心にかけて頂き感謝申し上げます。寒さ厳しき折ご自愛下さいませ。

主人に変わって代筆する場合には、差出人の名前を主人のフルネームを書いて、妻が代筆したという意味である「内」を、ご主人の名前の左に小さめに書きます。

送ってくれた相手と面識のある場合には、差出人を連名で書きます。

書き換え例

食品を頂いた場合
・頂いた〇〇で、夫婦で毎晩のように晩酌を楽しんでいます。
・甘いものには目がない私どもには何よりのプレゼントです。
・こちらではなかなか手に入らない〇〇、感激しております。
・さすがに本場のものはこんなにも違うのかと驚いております。

日用品、消耗品を頂いた場合
・〇〇も買いに行くと重くて、助かります。
・柔軟剤も柔らかく仕上がり香りも良いですね。

まとめ

最後までお読みくださりありがとうございました。お歳暮のお礼状を書くときのご参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。