イライラ

不機嫌な人に対してどう接すれば良い?対応や対処の仕方

不機嫌な人に接するのはこちらにも負担がかかります。例えばそれが家族や親しい友人であれば、理由を聞いたり相談に乗ってあげることも出来ます。でもそれが職場での同僚や上司だったら?たまたま入った喫茶店のウェイトレスだったら?接したこちらも嫌な思いをしてしまいます。

そんな時どうすれば良いでしょうか。

  

不機嫌な人には近づかない

もしもいま、あなたの家族・職場の人が不機嫌で、あなたがそばにいて辛いしんどい思いをされているのなら、この原因は何でしょうか。あなたが辛くしんどい思いをされている原因のことです。

それは、「周りが不機嫌だから」辛くしんどい思いをしているのではなく、あなたが「辛いしんどい思いをしよう」と選んでいるのです。

不機嫌な人など放っておけばよいのです。客観的に見れば、「不機嫌な人とあなたが同じ場所にいる」だけです。あなたがしんどい思いをする必要はありません。家族であれば同じ部屋にいなくても良いので、自分が穏やかに過ごせる場所に移動しましょう。もし職場でそういう思いをされているのであれば、仕事に集中します。今出来る、手にしている仕事に没頭しましょう。

今は相手の不機嫌に「あてられている」状況です。毒気にあてられるとか食中毒にあたる、のあたるです。

今出来る最善の策は、あなたが穏やかでいることです。

不機嫌な気持ちというのは周りに伝染します。そんな人とは距離を置きましょう。

自分が不機嫌な時の表情

よくハンドルを握ったら人が変わると聞きますが、車の運転で気が荒くなったりしませんか?

都会では少ないかもしれませんが、地方では車の運転が必須です。車を運転中、急かされる思いがしたり、狭い道路でのすれ違いは、自分が先に行かないと損をしたような気持ちになっていませんか。運転の時こそ、心を穏やかにしましょう。進路を譲れる時は、笑顔で譲ってあげて下さい。とても気持ちが良いものです。

以前車で子供を保育園に送っていく時、少し時間が遅れていて急いで向かっていました。そのときに車線道路を急に隣の車が無理な割り込みをしてきて、少し急ブレーキをし、毒づきながら後ろの子供は大丈夫だったかとルームミラーを見た時、何故か私の醜い顔が映っていました。急いでいたので車に乗ったときに化粧を確認したルームミラーも直さず、そのまま運転していたのでしょう。

ただでさえそんなに綺麗とは言えない顔なのに、恐ろしいほど醜い顔でした。普通自分が鏡を見るときは多少なりともよく見えそうな表情を作るので、そんな表情をしている自分を見るのは初めてでとても驚き、同時に顔から火が出るほど恥ずかしくなり、子供や夫にこんな顔を見せていたのかと愕然としてしまいました。

それからはなるべく穏やかな気持で、譲れるときは譲って、余裕を持って運転しようと思ったのです。

車は自分がそうと思っていなくても凶器になり得ます。それを自覚して運転するよう心がけたいものです。

私は口角を上げることで気持ちをリセットしています。口角を上げるとその筋肉の動きで自然と目もやわらかいものになり、表情が穏やかになります。すると落ち着き、気持ちも優しくなれます。

類は友を呼ぶ

不機嫌な人には不機嫌なものが集まります。それは人もそうですし、そうなるような出来事や良くない物も集まってきます。

スポンサーリンク

逆に笑う門には福来る、笑っている人の周りには笑っている人がいますし、そういった良いものが集まってきます。

自分のために笑顔でいるようにしましょう。

私の友人でいつも笑顔の人がいます。出会ってすぐに仲良くなり、話をしていると思いがけず家族構成も一緒で(両親・兄・自分)特に父親の性格というかキャラクターがそっくりでした。父親は二人とも強面で、でも人を笑わせるのが大好きなので、急にカタコトの日本語を喋ったりして周りの人をざわつかせたりしていて、そんなことをするところも似ていて驚きました。

そのころ私は両親と兄とで実家の飲食店をしている頃で、父の言うことを聞かない兄に父はよく腹を立てていました。

ある忙しい日に父がいきなり私を怒り始め、私には何を怒られているのかがわからなかったのですが、あとであれは何を言っていたのかと父に聞くと、兄に腹を立てていたが兄は言うことを聞かないから、当てこすりで私を叱っていたらしく、当然私は「本人に言って聞かないものが、当てこすりに気づくはずがない」と抗議しました。とても嫌な思いをしたので、それをその友人に話して慰めてもらいました。

別の日その友人とランチに行ったときに、前日友人は父親を車で送っていくよう頼まれ、二人で車に乗っていたときに友人が友人の兄の話をしたそうで、くだらないことだったらしいのですが、それを父親は無視したそうで・・・もう私は大爆笑。二人しか乗っていない車の中で一方が話をしてもう片方が無視するって、またそれを上手に面白く話すのです。

その話を聞いたときに、私だったら腹が立ってまた嫌な思いをしたとかで友人に愚痴を言うはずです。それを、その友人は笑いながら話すのです。だからその友人には笑顔が集まり、嫌なこともそうとは取らず(また嫌なこととすら感じていなかったと思われ)、良いものばかりが集まってくるのだなと腑に落ちたのです。

その頃私の兄が彼女と結婚する話が出ていて、また私がその彼女と合わず、イライラした毎日を送っていました。でもその事があって私が気づいてからは、兄の彼女と会うのにも気が楽になり、何かあったらそれをどうやって笑って友人に聞かせようかと考える余裕まで出てきました。そうすれば不思議なもので、兄の彼女と会う機会が減り、その人はいま兄嫁になりましたが、一年に数えるぐらいしか会わなくなりました。

そのことに気づくまでは毎日がイライラしていたので、苦しく辛い毎日でしたが、今はそれもなく、不機嫌な人には近づかず、毎日家族や周りの人に感謝して幸せに過ごせています。

まとめ

不機嫌は伝染します。そんな人には近づかないようにすることです。また自分が不機嫌になっていれば、無理やり口角を上げて笑いましょう。やってみればわかりますが、口角を上げれば自然と目は穏やかになり表情が柔らかくなります。まずは形からで構いませんので、笑うようにして良い物を引き寄せましょう。

自分が嫌で変わりたいと思ったら、まずは髪を切るとか、持っていない色の洋服を買ってみるとか、形を変えてみることです。

今現在は自分が選んできた結果があらわれています。原因を他人や環境や、自分のせいにするのではなく、自分の選んだ結果と思って下さい。すぐに違う道を選べば大丈夫です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。