お礼状

【はがき】10月はがきの書き方、訪問と滞在のお礼編画像で解説

はがきはとても便利なツールです。

人から手紙が来ると、嬉しい半面けっこう読むのが億劫になったりします(私だけ?)。

お礼状だとその前に何かを送ったりとかのアクションがあるので、「ああ、あの件かな」と察しはつきますが、特にそういったことがなにもないのに急に手紙が届くと、内容がすぐにわからない分、身構えてしまうことがあります。

その点、はがきですと届いたらすぐ読める、どんな内容なのかがすぐわかる、ともらった方も気が楽ですし、頂いたはがきが嬉しくて、何度も読み返したりします。

また、異性あてなどのときにもはがきで書くほうが、相手のご家族に誤解をさせてしまったりというトラブルも防ぐことが出来ます。

ここでは10月に出す際の、はがきでのお礼状の書き方をお伝えします。

スポンサーリンク

はがきの表書き

一面に写真や絵柄などのない、裏表に書くはがきの場合の宛名と差出人の書き方です。

表に写真やイラストのあるはがきを使う場合には、当然書くスペースが少くなります。下の文例には表がイラストや写真で、裏に宛先や文面を書く場合のものを画像で載せています。

この場合はお礼状ですので、改まった相手へのはがきを想定して縦書きのものの説明をしていきます。

親しいご友人宛でしたら、横書きでも良いでしょう。

はがきの上部、郵便番号の上に「POST CARD」もしくは「郵便はがき」の文字があると思いますが、それを目安にして真下に縦書きで気持ち大きめに相手のお名前を書き、少し離して「様」を名前よりも大きく書きます。

そうするとバランスがよくきれいに見えます。

相手の住所はあまり右端に過ぎないように、郵便番号7桁の右から2番めくらいを目安に書きます。

マンション名などが長い場合には、字を少し小さく書き3行にならないようにします。マンション名は省いて番地の後に「-504」などと部屋番号を書いても構いません。

マンション名で、ⅠやⅡ、壱や弐、A棟やB棟などの記載がある場合は、同じ敷地内に何棟か建物がありそれに番号やアルファベットを振っていることもありますので、省略する場合は名前のみ省略して、「Ⅱ-504」や、「A棟504」などとします。

住所と宛名が左斜め下になるよう書くとスッキリして見えます。

差出人の住所ですが、宛先と違う地域から出す場合は都道府県名から書くとどこからきたかパッと見てわかるので親切です。また青森県青森市など府県と市が同じ場合は市からで良いでしょう。

ご自分もマンション名などが長い場合には市や区からでも、またマンション名を省いても構いません。

ご自分の郵便番号を書くときは、自分の名前の下に横書きで算数字で書きます。

ご夫婦宛の場合

ご夫婦宛の場合には、真ん中より少しだけ右にずらしてご主人のフルネームを書き、様も付けます。

そして名前を合わせるようにご主人の名前の左に同じ大きさで奥様の名前を書きます。

字数が違う場合には、バランスを取って書きます。「様」を揃えるようにするときれいに見えます。

差出人を妻が夫の代わりに書く場合には夫のフルネームの左下に、妻が書いたことを表す「内」と書きます。

お礼状の文例

はがきは書くスペースが限られているので、簡潔に用件を伝えます。

手紙でいう頭語(拝啓や前略)結語(敬具や早々)、時候の挨拶は省きます。

繰り返す表現は避けて、スッキリとした文章を考えましょう。

・何に対するお礼なのか
・してくれたことに対する具体的な感想
・その人の他に、運転をしてくれたなど関わった方がいる場合には、
「〇〇様にもよろしくお伝え下さい」などを入れたいですね。

出張先で案内してくれた際のお礼、ビジネス

田中様、先日の出張の折には大変お世話になりありがとうございました。おかげ様で順調に進めることが出来ました。また夜には宴会の席まで設けてくださり、名物のかつをのたたきに辛口の日本酒と、高知を満喫させていただきました。こちらにいらした際にはぜひ私に案内をさせてください。寒くなります、ご自愛下さいませ。

段落は下げずに書いています。下げても良いですが、読みやすければどちらでも良いと思います。ただほんとに書く字数が限られていますので、これでも2回書き直ししています。下書きするときに字の大きさも意識したほうが良いです。

スポンサーリンク

言い換え例として、

・夜にはお連れくださったお店で〇〇(食べたものの名前)を頂き、「名物はその土地で」というのがよくわかりました。

・夜には夕食もご一緒くださりとても楽しく、名物の〇〇は私のお気に入りになってしまいました。

結びの言葉の言い換え例としては、

・秋も深まり朝晩は冷えてまいりました。お体大切にお過ごしください。

・季節の変わり目ですので、ご自愛ください。

夫の兄妹に、子どもが滞在させてもらったお礼

先日は優太がすっかりお世話になりありがとうございました。「アキちゃん(夫の兄妹の名前)のところには、大きい犬がいたよ!」と、コロの話ばかりです。帰ってきて開口一番「次はいつ行ってもいいの?」でした。またお土産まで頂き恐縮です。今こちらは柿がおいしく、市場に並んでおりましたのでお送りしました。召し上がってください。時節柄お体大切にお過ごしください。

今回はビジネスでの訪問した際にお世話になった相手へのお礼と、親戚の家に子どもが滞在させてもらった
お礼の書き方でしたが、頂きものをしたときのはがきでのお礼状の書き方はこちらからどうぞ。

ポストカード・絵はがきについて

ポストカードや絵はがきを選ぶときは、すぐに使う場合には季節のものが良いですが、買いだめする場合には、ご自分のお住いの土地のものであったり、季節の関係ないものが良いです。

季節のものはいざ出すときに時期がずれていたりしますので、出すタイミングを逸したりします。

それと絵はがきの紙の質ですが、ツルツルしたものだと書いたペンのインクがこすれたりすることが多いので、なるべくざらざらしたものがおすすめです。

今まで見てきて、写真のものはツルツルが多いですね。イラストのものはペンの引っ掛かりもあり書きやすいです。

表一面が写真やイラストのものが多いですが、書きなれていない場合にはそちらのほうをおすすめします。表に宛先宛名差出人を書き、裏に文面のみを書くはがきは、文章ごとのバランスを取るのが難しいように思います。

表一面に写真やイラストの描かれているものですと、失敗も少ないし、また売られている種類も豊富で選びやすいですし、何より楽しいのでそちらを選ぶと良いですよ。

ペンについて

縦書きで書くことの多い手紙やはがき用に、一つペンを用意しておくといざ書くときに困りません。

私はぺんてるのエナージェルを使っています。これは速乾がウリで、縦書きで書く場合にとても重宝します。

ノック式とふたのできるものがあり、私はふたのついているものが使いやすいです。

ペン先が0.5ミリと0.7ミリがあり、0.5がシャープな感じに書けて私は好きですが、0.7は少し柔らかい字になります。すらすらとすべりが良いので、これはお好みで。

黒・青・赤があり、文房具屋さんで買う場合には、黒と青がわかりにくいので、注意して買ってください。

まとめ

最後までお読みくださりありがとうございました。10月の葉書の書き方のご参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。