手紙

【手紙】9月の手紙の書き方出産祝いお礼状編、画像つきで徹底解説

手紙は構成があり、それに則って書くという決まりがあります。それを面倒に思うかもしれませんが、逆にその決まりがあるからこそ、決まりに従って書くだけですので簡単とも言えます。

決まりと言っても、知人の家を訪ねるときと全く同じことを、文章でするというだけのことです。

知人の家に用事があって訪ねるときに、まず玄関で「ごめんください」と声をかけます。

これが、頭語です。「拝啓」や、「謹啓」などですね。

こういう感じで手紙も流れがあります。

ここでは9月に出す手紙の頭語と書き出しの言葉(季節・時候の挨拶)」をあわせて書いています。ご自分の感覚で、その手紙を出すときの季節感で選んで下さい。

スポンサーリンク

手紙の書き方

頭語と結語はセット(拝啓を使った場合は敬具で締めるなど)で使います。

9月といっても、書く日にちによってはまだ暑さが残る頃か、もう空が高くなり涼しくなった頃など、お住まいのところやその年によって違いがあります。それをご自分の感覚で選んで書いて下さい。

手紙の基本はこちら

手紙の流れは、下記のようになっています。

前文…頭語(拝啓や謹啓など)、時候・季節の挨拶、安否の挨拶

主文…用件

末文…締めの挨拶、結語(敬具や謹白、かしこなど)

あとづけ…日付、署名、あて名

出産祝いを頂いた方へのお礼状

1枚め

2枚め

拝啓 爽秋の候いよいよご健勝のこととお喜び申し上げます。
日頃のご厚情を深く感謝いたします。※1

この度私どもの長男誕生に際しましては
早速お祝いをお送りくださりまことにありがとうございました。

待望の第一子なので、双方の両親も大変喜んでおります。
長男には優しく健康にとの願いを込めて「優太」と命名いたしました。
初めてのことばかりで戸惑うことも多いのですが、二人力を合わせ頑張ります。
これからもご教示のほどよろしくお願いお申し上げます。
時節柄ご自愛下さいませ。※2
かしこ
平成三十年九月十日
田中一郎

日本太郎様

拝啓=つつしんで申し上げます

爽秋の候(そうしゅうのこう)=爽やかな秋晴れの心地よい季節を迎えましたが

ご健勝=相手の健康状態の良いこと

~の候は他に、

・「残暑の候」まだ暑い日が続く頃で9月初旬まで使える言葉

・「白露の候」夜の間に大気が冷え込み、草花に朝露が降りる頃の意味で、9月中旬頃、23日(秋分の日)まで使える言葉

・「秋冷の候」日に日に涼しくなってくる頃、9月下旬~10月に使える言葉

に置き換えることが出来ます。

また、少し堅苦しく感じるようでしたら、

※1

拝啓 朝夕はずいぶん過ごしやすくなりました。皆様におかれましてはお健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。

スポンサーリンク

敬具(ご自分が女性の場合は「かしこ」)

拝啓 気持ち良い秋風が吹くようになりました。皆様お変わりないでしょうか。

敬具(ご自分が女性の場合は「かしこ」)

拝啓 秋分が過ぎ、夜が長くなったように感じられます。ご機嫌いかがですか。

敬具(ご自分が女性の場合は「かしこ」)

※2は締めの言葉として本文の後、結語の前に書く言葉です。

時節柄ご自愛下さいますようお祈り申し上げます。
残る暑さ、ご自愛下さいませ。
朝夕は冷えることもございますので、どうぞお体おいとい下さいませ。
夏の疲れが出やすい頃です。お体大切にお過ごしくださいませ。

などと置き換えても良いです。

便箋について

これは縦に罫線が入っているもので15行の便箋を使っていますので、1行あけて書いています。

12~15行の便箋は、こうして1行あけて書くか、詰めて書いて段落を下げて書くときに1行あけると、読みやすいスッキリとした手紙になります。

9~11行の便箋だと、行をあけずに書いてちょうどぐらいです。

こういった手紙を書くときに、本やインターネットで調べて書くと思いますが、中途半端に1枚めが終わってしまったりしませんか?

私はよくありました。署名や宛名などのあとづけだけが残ってしまい、調べてみると、字を小さくして無理やり1枚めに収めて2枚めに白紙のものをつけるか、字を大きくしてゆったりと書いて、2枚目まで末文(締めの挨拶)がかかるように書くかしないとダメよ、となっています。

いろいろ試した結果、便箋を変えることでこの悩みは解決します。

便箋を選ぶときに、罫線(縦に入っている線)を9行もしくは10行のものにすると、本やインターネットで載っている文章をそのまま書いても、2枚になってくれます。

12行のもので、もう字の大きさなどの調整が必要になってきます。これは上にも書きましたが15行ですので、1行あけて書くといった調整をしています。

あまりそういったことに時間を使うのも、手紙を書くのが面倒に思う一因になりますので、できれば便箋を買う際には9行か10行のものをおすすめします。

そしてその便箋を使うときに、気持ち字を大きめに書くことがコツです。

書くときに「ちょっと字が大きいかな?」と思っても、読み返すと案外読みやすいです。

下書きは必須

必ず下書きをすること、これは必須です。

下書き用の便箋を用意されるのがおすすめです。らくがき帳など無地のものでも良いので、その下書きしたものが、そのままどの相手にどんな文章でいつ書いたか、などの記録にもなります。

「頂き」や「申し上げます」「お過ごし」などは重複しがちですので、下書きしたものを声に出して読んでみて、しつこい文章になっていないか、同じ言葉が繰り返されていないかをチェックしましょう。

そして必ず相手のお名前の字が間違っていないかを確認し、清書をしましょう。

字について

いざ便箋に書く字は一文字一文字、ゆっくりと書くと、丁寧に書くことが出来ます。

時間がかかるかもしれませんが、サラサラっと書いて間違えたりして書き直しするよりも、ずっと早く仕上がります。

まとめ

最後までお読みくださりありがとうございました。9月の手紙を書く際にご参考になれば嬉しいです。

封筒の書き方、手紙の折り方はこちら

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。