イライラ

自分の怒りの感情に気づいてあげよう!早い段階で怒りを察知する方法は?

怒りが湧いてくる瞬間を認識できるようになりましょう。

怒りというのは条件反射として、一瞬でいろいろなことを考えてしまいます。連鎖しているような考えや感想が、とても速いスピードで起きるのです。

まずはこのことから説明していきます。

スポンサーリンク

友人から電話で、「私の結婚式で楽しい余興をしてほしいの。彼と考えたんだけど、あなたには裸踊りをお願いしたいわ」などという非常識なお願いをされたとします。

聞いた瞬間に、「いや出来るわけ無いでしょ」と不愉快になると、そこに小さな怒りが生まれます。そんな無理なことを言ってくるなんて、私のことをバカにしている!そんなこと言ってくる友人なんて破談になればいいのに、と、より大きな怒りに育ちます。この一連の反応は一瞬に起こりますので、怒りを切り取って、などという目論見はあっさりと失敗してしまいます。

このようにならないためには、「破談になればいいのに」と思ってから、「あ、切り取らなきゃ」と気がついたのでは遅すぎます。それよりも前の前の段階、「いや出来るわけ無いでしょ」のときに察知しなければなりません。

怒りがイライラに変わるというのは、地面から芽が出てきて、大きく育てる作業と一緒です。

根を張り、たくさん生い茂ってしまうと刈り取るのは大変難しくなります。自分が頭の中で大きく育てる前に、芽の段階で摘み取ってしまいましょう。

このように早い段階で察知するためには、日頃から自分の心を気にかけるようにして、ネガティブなことが発生する瞬間をチェックする必要があります。

  

意識を現実に引き戻す

まずは意識を体の表面に集中する癖をつけます。

これはすぐに出来るようになります。

最近マインドフルネスとも言われたりしますが、瞑想のことです。

これはやり方など説明しているサイトがたくさんありますので、自分に合ったもので構いませんが、基本的には自分の呼吸に意識を集中させ、自然な呼吸のプロセスやリズムにただ気づく、というものです。現実に起こっていることから注意を自分の呼吸にそらすことを目的とします。

何も考えず、ただ自分の呼吸に意識を向ける。これをしているときに心が思考や連想へと流れていくと、注意が散漫になっていることに気づくことが出来ます。

スポンサーリンク

まずは椅子に座ります。椅子がない場所であれば床でも構いませんが、床以外に自分の体に物が触らない状態にしておきます。テレビやラジオなど音がするものは消しておきます。その際に、アラームでやめる時間を決めておくといいです。最初は5分とか3分でも結構です。慣れてくれば10分にします。

そして背筋を伸ばし目を閉じて、自分の呼吸を感じてみましょう。鼻から吸い、口から吐き出します。吸う、吐く、吸う、吐く。呼吸だけを意識します。いろんなことが浮かんでくるかも知れませんが、それはそのままで構いません。ただ、否定的になっているな、などと受け流すだけです。呼吸に意識を戻す。窓を叩く風の音や洗濯機の立てる音が聞こえても、そのまま呼吸に意識を戻します。とにかく呼吸を意識することに集中します。

アラームが鳴ったら、ゆっくりと目を開けて終了です。

朝するほうが良いとか、寝る前が良いなどいろいろ言われていますが、ご自分の出来るときで良いです。

これを毎日実践して、自分が思ったときに出来るようになりましょう。

怒りの感情が芽生えた瞬間を切り取る

この「意識を呼吸に集中すること」を繰り返しますと、頭の中がクリアになります。心の中に怒りが芽生えた瞬間がわかるようになってきます。平らな穏やかな心持ちの中に、トゲのようなチクっとした刺激が走りますので、とらえやすくなります。

それがキャッチ出来たときに、そこだけを切り取るのです。友人から電話で無理なお願いをされ、「いや出来るわけ無いでしょ」の瞬間を切り取ることが出来るようになるのです。

その切り取ったものは、呼吸を意識して考えないようにします。ああ、嫌な気持ちになっているな、と受け流すのです。

そんな意味のわからないお願いをしてくる人は、友人でも何でもありません。あなたの人生に何ら関係のないことです。そんな小さいことのためにイライラするのは、馬鹿らしいことです。

「そんな小さなこと」なのだと認識できるようになりましょう。

まとめ

最後までお読みくださりありがとうございました。
怒りのきっかけとなる芽を摘むには、自分の呼吸に意識を集中させます。リアルな現実に強引に引き戻し、頭の中に引きこもっていた自分を外へ出してあげましょう。

そうすることで、今するべきことが明確にわかり、余計な考え事をする暇はなくなります。

怒りがイライラになるまで育てるのはやめて、早めに気づき、芽を摘み取るようにして、穏やかに過ごしましょう。

不機嫌な人に対しての対処の仕方

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。