はがき

【はがき】目上の人や上司あての年賀状の文例、手書きの一言メッセージの書き方

会社での付き合いや、目上の方への年賀状の文例で、印刷されたものも多く見かけます。

でも一言メッセージを書こうと思っても、その印刷された文章に入っていたりして、さて何を書けば…と困ることが私は多くありました。

ここでは印刷するときの文例と、手書きメッセージの書き方をお伝えします。

年賀はがきのご予約

スポンサーリンク
  
 

年賀状の文例

年賀状は「昨年はお世話になリました。今年もよろしくお付き合いください。」というご挨拶のために出します。もしくはご無沙汰している方に新年の挨拶をするのが目的です。

出すはがきは年賀はがきを使うことが多いと思いますが、裏面にイラストと共に「謹賀新年」や、なにか一言印刷されているものが一般的です。

この「謹賀新年」や、「恭賀新年」「迎春」などを賀詞といって、なんとなく年賀状に使う言葉なんだろうな、というイメージがあるぐらいで、言葉の意味を理解して選んでいますか?

賀詞があればなんでもよいというわけではありませんので、その意味を知って選ぶことをおすすめします。

謹賀新年

謹んで新年のお祝いを申し上げます

恭賀新年

うやうやしく新年のお祝いを申し上げます

という意味になります。

そして

迎春=新年を迎える

賀正=正月を祝う

という意味です。

目上の方や上司に送る場合の賀詞としては、「謹賀新年」か「恭賀新年」の賀詞が入ったものだと失礼になりませんので、そちらを選びましょう。

また賀詞は入れず、「謹んで初春のお慶びを申し上げます」や、「明けましておめでとうございます」などにするとやわらかい文面になりますので、女性の方にはおすすめです。

手書きのメッセージの書き方

手書きで日頃の感謝と、引き続き良いお付き合いをお願いする気持ちを伝えます。

「謹賀新年」などの賀詞や「明けましておめでとうございます」のみ印刷されている場合

スポンサーリンク

・〇〇様、旧年中は大変お世話になりありがとうございました。
本年もご指導のほどよろしくお願い申し上げます。
〇〇様(とご家族の皆様)のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

・〇〇様、昨年は大変お世話になりました。
未熟者ですがご指導のほど、今年も宜しくお願い致します。

「旧年中は大変お世話になりありがとうございました。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。」などの文章が印刷されている場合

・未熟者ですがご指導のほど、今年も宜しくお願い致します。
・本年も何卒よろしくお願い申し上げます。
・入社間もなくまだ何も分かりませんが、一生懸命頑張ります、ご指導のほど宜しくお願い致します。

・おかげさまで社会人2年目の春を迎えます。後輩も出来ることですし、なおいっそう努力していきたいと思います。これからもよろしくお願いいたします
・仕事の厳しさと同時に、面白さを感じ始めております。まだまだ未熟ではございますが、どうぞこれからもご指導くださいますよう、お願い申し上げます。

年賀状は書く内容が同じになりますので、「作業」になりがちです。

ですが手書きで書くときに、必ず書き出しに相手の名前を入れると、書くときに相手のことを思いながら書くようになります。

単に作業として書いたのか、相手を思いながら書いたのかというのは、なぜか相手に伝わります。

大切なことですので、呼びかけるように名前を書くことをおすすめします。

またその際に「さん」付けにするか「〇〇様」と書くかですが、相手が上司という感じでしたら「〇〇様」でも良いかと思います。先輩、という感じだと、「さん」にします。

年賀はがきのご予約

まとめ

最後までお読みくださりありがとうございました。この一言だけで違う一年になります。習慣づけるとメッセージを書くのが楽しくなりますよ。

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。