手紙

【手紙】季節・時候の挨拶10月出産のお祝い編書き方画像つきで徹底解説

手紙を書くときにどうしても悩むのが、季節や時候の挨拶です。相手に失礼でないか、おかしい表現でないか、つまづきます。

ここでは10月に出す手紙の頭語と書き出しの言葉(季節・時候の挨拶)」をあわせて書いています。ご自分の感覚で、その手紙を出すときの季節感で選んで下さい。

書き出しと結びの言葉10月編 もどうぞ

スポンサーリンク

結びの言葉は、本文の用件に応じて使い分けて下さい。頭語と結語はセット(拝啓を使った場合は敬具で締めるなど)で使います。

10月といっても、書く日にちによっては涼しく過ごしやすい頃か、もう暖房が必要な頃など、お住まいのところやその年によって違いがあります。それをご自分の感覚で選んで書いて下さい。

手紙の基本はこちら

手紙の流れは、下記のようになっています。

前文…頭語(拝啓や謹啓など)、時候・季節の挨拶、安否の挨拶

主文…用件

末文…締めの挨拶、結語(敬具や謹白、かしこなど)

あとづけ…日付、署名、あて名

改まった相手(目上の方・ビジネス)に出す場合

拝啓 秋晴の候いよいよご健勝のこととお喜び申し上げます。日頃のご厚情を深く感謝いたします。

敬具

これは「拝啓(つつしんで申し上げます) 秋晴の候(あきばれ/しゅうせいのこう:秋晴れの心地よい季節を迎えましたが)いよいよご健勝(相手の健康状態の良いこと)のこととお喜び申し上げます。」という意味合いです。

謹啓 菊花の候、貴社におかれましては一層ご隆盛のこととお喜び申し上げます。

謹白

これは「謹啓(特に目上の方に対してつつしんで申し上げます)清秋の候(せいしゅうのこう:清々しい秋の季節を迎えましたが)貴社におかれましては一層ご隆盛(栄えて繁盛なこと)のこととお喜び申し上げます。」という意味です。

「~の候」は他に

「秋雨(あきさめ/しゅうう)の候」しとしとした長く雨が続く頃の意味で、10月中旬頃まで使える言葉

「寒露(かんろ)の候」肌寒くなり、冷たい露が出来始める頃のことで、10月8日頃~10月22日頃まで使える言葉

「菊薫る(きくかおる)頃/菊花(きっか/きくか)の候」菊の花が香る季節/菊の花が咲く季節の頃のことで、10月下旬~11月中旬頃まで使える言葉

に置き換えることが出来ます。

締めの言葉として

本文の後、敬具や謹白の前に書く文章です。

返事を求める言葉

お手数ながらご返事くださいますようお願い申し上げます。
恐縮ながらご回答を賜りたくお願い申し上げます。

今後のことを頼む言葉

今後ともよろしくご指導の程お願い申し上げます。
今後とも変わらぬお付き合いのほどよろしくお願い申し上げます。

一般的な締めの言葉

時節柄ご自愛下さいますようお祈り申し上げます。
朝晩は寒い日もございます。くれぐれもご自愛下さいませ。

プライベートで出す場合

プライベートの場合、頭語は「拝啓」の場合がほとんどです。季節・時候の挨拶は、ご親戚や在学中にお世話になった先生、ご主人の上司の方や社長、そのご夫人に出す場合などシチュエーションによって文章も変わってきます。ご自分の感覚に近いものを選んで下さい。

拝啓 ひんやりとした秋風が心地よい季節になりました。皆様お健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。

敬具(ご自分が女性の場合は「かしこ」)

拝啓 空高く、気持ちの良い日が続いております。いかがお過ごしですか。

敬具(ご自分が女性の場合は「かしこ」)

拝啓 だんだんと冬が近づいてまいりました。ご機嫌いかがですか。

敬具(ご自分が女性の場合は「かしこ」)

締めの言葉として

本文の後、結語の前に書く言葉です。

時節柄ご自愛下さいますようお祈り申し上げます。
寒暖の差が激しい頃です。ご自愛下さいませ。
季節の変わりめ、どうぞお体おいとい下さいませ。
晩秋の冷気にはご注意を、お体大切にお過ごしくださいませ。

手紙でのお礼状の書き方 もどうぞ

例文、出産祝い

少し改まった関係の、ご出産された本人あてのお祝いの手紙
1枚め

はあけます。

2枚め

—-は揃えると綺麗です。

拝啓
天高くすがすがしい季節となりました。
皆様にはいつもお心にかけて下さり感謝申し上げます。
この度はご出産おめでとうございます。安産と伺い私もほっとしております。
※ご主人様、ご両親様方もさぞお喜びのことと存じます。(下の注意点参照)
ささやかではではございますが、お祝いの品をお送り致しました。お使い頂ければ嬉しいです。
産後はなんと申しましても無理は禁物ですから、どうぞお大事になさって下さいませ。

2枚め
お子様の健やかなご成長と、ご家族のお幸せを心よりお祈り申し上げます。
かしこ
平成三十年十月十日
田中和子
山田花子様

先方のお名前が、下の方に来る場合には、段を変えて次の段に来るようにします。便箋の3分の2ぐらいを目安にします。

逆に、自分の方はあまり上に来ないようにします。「主人は」とか「私ども」など使わなくても済むよう文を変えたりして、調整するか、右寄りに小さめに「主人」、「私ども」と書きます。この手紙ではこれはしていません。

スポンサーリンク

最近ではあまり気にされないことが多いですが、特に年配の方に出すときには気をつけたほうが良いでしょう。

封筒の書き方と手紙の折り方画像で説明はこちら

使う便箋について

こういった手紙やハガキを書くときに、慣れていないと本やインターネットで調べて書くと思いますが、中途半端に1枚めが終わってしまったりしませんか?

私はよくありました。署名や宛名などのあとづけだけが残ってしまい、調べてみると、字を小さくして無理やり1枚めに収めるか、字を大きくしてゆったりと書いて、2枚目まで末文(締めの挨拶)がかかるように書くかしないとダメよ、となっています。

いろいろ試した結果、便箋を変えることでこの悩みは解決します。

便箋を選ぶときに、罫線(縦に入っている線)を9行もしくは10行のものにすると、本やインターネットで載っている文章をそのまま書いても、2枚になってくれます。

12行のもので、もう字の大きさなどの調整が必要になってきます。ここでは13行の便箋を使っていますが、少し書くことが多いのでこれでギリギリです。

罫線が多いと必然的に字が小さくなってしまい、書く字数も多くなります。

お買い求めの際はぜひそれを意識して買われますようおすすめします。

そしてその便箋を使うときに、気持ち字を大きめに書くことがコツです。

書くときに「ちょっと字が大きいかな?」と思っても、読み返すとスッキリとして読みやすいです。

もしも罫線の多い便箋をすでにお持ちの場合は、一行ずつあけて書くか、段落を下げて書くときに一行あけるかすると、読みやすいものになります。

この場合も、字の大きさを意識して小さくなりすぎないよう、詰めすぎて読みにくくならないよう気をつけて書くと良いでしょう。

下書きは必須

必ず下書きをすること、これは必須です。

下書き用の便箋を用意されるのがおすすめです。らくがき帳など無地のものでも良いので、その下書きしたものが、そのままどの相手にどんな文章でいつ書いたか、などの記録にもなります。

「頂き」や「申し上げます」「お過ごし」などは重複しがちですので、下書きしたものを声に出して読んでみて、しつこい文章になっていないか、同じ言葉が繰り返されていないかをチェックしましょう。

字について

いざ便箋に書く字は一文字一文字、ゆっくりと書くと、丁寧に書くことが出来ます。

時間がかかるかもしれませんが、サラサラっと書いて間違えたりして書き直しするよりも、ずっと早く仕上がります。

ペンについて

縦書きの場合は、右利きの方はペンを握った手が書いた字の上にきますので、こすれやすいです。

私はぺんてるのエナージェルを使っていますが、これは速乾が特徴のもので、縦書きに向いています。気になるようでしたらティッシュペーパーを一枚便箋と右手の拳の間に挟んで書くとこすれたりしません。

またこのエナージェルはペンの太さが0.5、0.7の物もあり、上の手紙は0.5ですが、0.7のものはやわらかい字になります。使いやすいほうを選んで下さい。

また文房具屋さんで買う場合は、黒・赤・青があります。特に黒と青はわかりにくいですので確認して買われるようにして下さい。

私が実際に頂いた手紙を、画像はありませんがのせています。素直に、ご自分の言葉で書かれた手紙ですので、ご参考までにこちらからどうぞ。

まとめ

最後までお読みくださりありがとうございました。手紙を書く時「ご自分の言葉で」とよく聞きますし、実際ご自分の言葉で書くのが良いのですが、手紙を書き慣れていないと相手に失礼にならないかと心配になりますよね。そんなときにご参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。