生活

高齢者をつれて東京観光オススメ拠点ホテル相鉄フレッサイン銀座7丁目へ行ってきた!

2018年8月、80歳と79歳の両親を連れて、東京に住む兄のところへ行ってきました。

80歳の父はまだ元気ですが、79歳の母が少し足が弱いので、なるべく移動の少ないようにと、相鉄フレッサイン銀座7丁目を選びました。

ここをどうして選んだかというと、立地が良いという点です。

今回は「東京タワーと皇居に行きたい」という両親の要望もあり、どちらもタクシーで行ける距離のホテルにしたかったからです。

高齢者2人連れての東京観光なので、移動が一番大変かな?と。

結果として相鉄フレッサイン銀座7丁目ホテルは最高でした。

ここではどういったことが良かったのか、便利だったのかをお伝えします。

もし小さいお子様やご老人とのご旅行の際は、候補に入れてみて下さい!

スポンサーリンク

とにかく立地が良い

新橋の駅からすぐ。都営浅草線出入り口がすぐ。

丸の内線の出入口もすぐ(降りてからかなり歩くけど)。

中央通りがホテルから高齢者の足で5分かからないで行けるので、ブラブラするにも楽しいし、高齢者も知っている有名なお店がたくさんあるので、銀座を満喫できます。

孫に買うお土産を、8丁目の博品館で見ることが出来るし、高齢者の大好きなとらや(7丁目)も近くにあります。

最中で有名な空也も6丁目、かりんとうのたちばなも8丁目です。4丁目まで行かなくてもお土産などの用事が済みます。

ちなみに、日によって時間によって、料金は変わるようですが、私達が東京へ行ったときは台風が変な方向から東京直撃の8月8日、12:15浜松町から東京タワーまで650円でした。

東京タワーから相鉄フレッサイン銀座7丁目ホテル前まで1,450円。

その日の夜、兄夫婦と銀座1丁目でご飯を食べて、帰りはタクシーで570円。

翌日は六本木ヒルズから相鉄フレッサイン銀座7丁目ホテルまで1,930円。

高齢者にとっては、電車で移動、乗り換えなど考えるとかなり助かったようです。

銀座と思えないほどリーズナブル

今回は、ネットで予約をしました。

二人一部屋、朝食込みで15400円でした。一人7,700円。この立地でこの値段は、なかなかないのではないでしょうか。しかも、ど真ん中ではないにしてもシーズン中で、8月9日です。

部屋は喫煙・禁煙が選べて、朝食なしも選べます。その分お値段が更に安くなります。朝食のみは1500円。

ホテルの中

ホテルに到着。

なんと1階のエレベーターの向かいにファミリーマートへのドアがあります!

雨でも気にせず買いに行けます。

知らなかった。嬉しい。

2階がフロントになっています。

このホテルは、フロントと同じ2階に朝食のレストランと、洗濯機、自動販売機があります。

レストラン

3階から上は客室で、ルームキーがなければ3階から上はエレベーターの階数ボタンが押せないようになっています。

この黒いところにカードキーを当てると、階数ボタンが押せるようになります。

防犯対策?面倒だなあと思いましたが、今の御時世は必要なのかもしれませんね。

2階と1階には、ルームキーがなくても行けます。

フロントの前に、宿泊客のためのテーブルとソファがあるのですが、そこの壁際にアメニティが並んで置いてあります。

部屋に持って行っていいみたいです。この写真を撮ったときはちょうど入れ替えしていた時で、スタッフの方に「必要なものがあればお持ちしますけどどうされますか?」と声をかけられました。

DHCの洗顔フォームから乳液まで一回分ずつパックされたものが並べられていました。

あと入浴剤、髪を結ぶゴム、体を洗うスポンジなどもありました。

フロントで部屋のカードキーを受け取って、部屋へ行きます。

部屋

…せまっ!今回ダブルで予約したので、ほぼベッドのみの部屋です。

でも、必要なものは揃っています。

入ってすぐ左にハンガー。

右がユニットバス。

シャワーヘッド

洗面台

シャンプー・トリートメント・ボディソープはポンプのものが備え付けられていました。

テレビ前。

スポンサーリンク

テレビ台の下には冷蔵庫とドライヤーと電動ポット、ボックスティッシュ。

くつべら

ゴミ箱が2つあるのが嬉しいです。

ベッドの頭のとこに、docomo、au、アイフォーン全て充電できるコードがあります。コンセントもある、嬉しい。

でも残念ながら、私と母はアイフォーンですが、接触が悪かったのか充電出来ませんでした。結局持参した充電機で充電しました。

私だけならともかく、母のも出来なかったので、充電機は持って行かれた方が良いようです。ちなみに父のdocomoは充電出来ました。

部屋は両隣に入っていなかったのか、物音一つしませんでした。廊下の音も聞こえず(ノックされた場合はわかります)。

wifi完備、テレビは普通の地上波は無料で見れますが、エレベーターのスペースに自販機があり、1000円入れるとレシートが出てくるのでそのレシートに記載された数字を打ち込むと翌日11時までホテルチョイスの番組が見放題です。アニメ、お笑い、映画、ドラマ、アダルトぐらいだったかな?

朝食

とても充実していました。バイキングでしたが、サラダ類、ドレッシング2種類、ハム、ウインナー、ベーコン、だし巻き卵、スクランブルエッグ、サバの味噌煮など。ごはん、おみそ汁、パン類、ジュース類。コーヒーもありました。

サラダ類

おかず各種

デザート

ジュース類

パン

ごはんにかけるふりかけやお漬物。

お味噌汁は底からすくうと具だくさんでした。

スタッフ

基本、笑顔で接して下さるのですが、私が特に気に入ったのは、あっさりしているところです。

朝食のスタッフの方々も、ニコニコ笑顔ですが、馴れ馴れしさはなく、こちらが声をかけない限りはむやみに話しかけて来ないのが、私的には嬉しかったです。

帰り10時チェックアウト

フロントで荷物を自宅などに送る世話をしてくれます(ヤマト運輸)。

住所が同じところに送る際には、複数口かまとめて送るか、になります。ヤマト運輸の一番大きい箱を常備してくれているので、箱代に320円かかりますが、今回は大きいボストンバックを2つと、買ったお土産をまとめて1袋がその箱に入ったので、1つで済みました。

そして、このホテルの近くから羽田空港行きのバスがないか聞いたところ、このホテルから歩いて3分のところから出ているとのこと。

知らなかったのですごく嬉しく、その流れでスタッフの方のほうから予約をしましょうかとおっしゃって頂き、5分かからず手配は済みました。

9時55分にはすべて上の手続きが終わり、カードキーを返して終了。

この時、母がカードキーを一枚失くしてしまったのですが、探して探して見つからず、恐る恐る伝えると、「掃除の者にも注意して見るように言っておきますので大丈夫ですよ」と言って下さいました。

リムジンバスの乗り場は歩いて3分のホテル内に、リムジンバス受付所があり、適度に椅子が配置され、冷房も効いていてゆっくり座って待つことが出来ました。

どこに座っていても、バスが来たらすぐに気がつくことが出来るつくりになっているので、バスが来たかどうか度々席を立ち見に行くなどということはしなくても済みました。

ちなみに料金は一般(大人)が930円、11歳以下と、70歳以上は免許証などの身分証明書提示で半額の470円でした。

お手洗いもそのフロア内にあり、助かりました。バスは25分で羽田空港の私達が乗る第二ターミナルに着きました。

ホテルでゆっくりと過ごしたいという方には向いていませんが、昼間は動いてホテルには寝に帰るだけという方には最適だと思います。

値段も驚くほどリーズナブルで、良い旅行でした。

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。ご両親や、お祖父様お祖母様とのご旅行などのご参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。